ここから本文です

ロッキー (1976)

ROCKY

監督
ジョン・G・アヴィルドセン
  • みたいムービー 187
  • みたログ 4,498

4.34 / 評価:1423件

やっぱりさすがだなぁ。

  • はぬろ~ さん
  • 2018年10月21日 21時05分
  • 閲覧数 1766
  • 役立ち度 4
    • 総合評価
    • ★★★★★

30年ぶりに視聴。
場末のボクサーが、チャンピオンの都合によるチャンスを得てタイトル戦に出場。
実際にはあり得ない話だが、古き良きアメリカンドリーム。
演出がものすごくよくできている。
フィラデルフィアの下町の雰囲気がものすごくよく伝わってくるし、エイドリアンの「オタク女子」的な30年先行くヒロイン設定もすごい。
ポーリー、ミッキー、アポロなど、周辺キャラも非常にしっかりとキャラが立っている。
妥協を許さない設定作りに、一流の映画の真髄を見ることができる。
スタローンにとって、「ロッキー」とは実在の人物で、ロッキーの世界はイキイキと存在しているのだろうと思う。
映像は、ボクシングのシーンが少し残念。
映画として見せるボクシングが大げさすぎて、本物のボクシングとはかなり違うものになっている。
それにしても、音楽は鉄板です。
音楽は、それだけで一時代築いたほどの素晴らしい音楽。
ロッキーを知らなくても聞いたことはあるという人もいるだろう。
無学だが、素直で、信仰心熱いロッキーが、エイドリアンのために闘う姿は、本当に胸を打たれる。
このシリーズは、パート1だけでなく、2、3とあとに続く作品も本当によくできている。
この機会に全部見直してみようとおもう。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ