ここから本文です

ロボコップ (1987)

ROBOCOP

監督
ポール・ヴァーホーヴェン
  • みたいムービー 64
  • みたログ 2,717

3.92 / 評価:740件

いい腕だ。名前は?

  • lou******** さん
  • 2020年4月10日 13時28分
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

『マーフィー』

人間としての自我を取り戻した事をサラっと告げ、笑みを浮かべて去って行く。そしてあのメインテーマが流れつつエンドロール。

いや〜何回見ても鳥肌総立ち。

ここからダラダラ続かずあのプツっと終わる感じが最高なんよなぁ〜。

オールユーニードイズキルのラストもよく似たニュアンスの締め方で、この感じのラストは最高やホンマ。大好物。

スターシップトゥルーパーズでも使われてたけどヴァーホーベンおなじみ、オープニングのニュース映像やCMでデトロイトの近況や世界観、クラレンスの存在とかをサラっと紹介する手法もイイねぇ。

子供の頃繰り返し見てた時はわからんかったけど、またこのCMが実にブラックで皮肉な内容ばかりで最高。
核戦争ボードゲームとかw

出演者も味がある人達ばかりで最高。
ピーターウェラーのマイム動きは絶品やし、クラレンス役カートウッドスミスの外道感も最高やし。

公開は1986年なんやしチープ感は勿論あるけど許容できない程じゃないし、ヴァーホーベンならではのテンポが良いストーリーテリングとヴァイオレンス描写、そして怒りと悲哀のヒーローの無双っぷりでまるで退屈する時間が無い。

記憶が徐々に戻ってきて自分の過去を、そして自分をこんな目に合わせたクズ野郎共を探しに繰り出して行く様などとてつもなくカッコイイ。

そして最初にも書いたけど音楽!
メインテーマがマジで最高。音楽書いたの誰?
あんた天才。マジで。

ヴァイオレンス描写に批判があるみたいやけど、あれだけマーフィーが凄惨な殺され方をしたからこそ、悪役達が殺られる度に爽快感が増す訳よ。だからこそマーフィーをロボコップを応援したくなるって訳。

何でも批判する前に映画のそういうとこを分かってなくちゃね〜。

まぁとにかく数十年経っても大好きな映画です。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ