ここから本文です

ロボコップ (1987)

ROBOCOP

監督
ポール・ヴァーホーヴェン
  • みたいムービー 64
  • みたログ 2,712

3.92 / 評価:735件

命の尊厳を謳った、SFヒーロー映画の傑作。

  • hik***** さん
  • 2021年4月13日 15時05分
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

史上、最もバイオレンスなSFヒーロー映画と名高い本作。
いつからか日本でも、リバイバル公開時などではR指定が付くようになった。


あまりの凄惨なバイオレンス描写に、敬遠する人もいるだろう。
だが、この映画においては、どうしてもこれほど強烈な描写が必須だったのだと思う。
惨殺されて挙句、企業の実験体として機械化され、甦らされた主人公。
そこに自分の身体は無く、愛する家族も去ってしまった。残されたのは、自らの顔の部分と、僅かな記憶のみ。

命の尊厳をことごとく踏みにじられた、あまりにも悲しきヒーロー。この一切の妥協もない強烈な描写が伴っているからこそ、よりストーリーに深みが増しているように思う。
そして私は、この点にたまらなく魅了されるのである。

ときに、ウルヴァリンを主人公にしたスピンオフシリーズの最終作「LOGAN/ローガン」もR指定が付いたが、あちらも描写は凄まじかった。
しかし、シリーズで最も重厚な一作に仕上がっていた。

ただ本作の場合、もはや一周回ってブラックなコメディとも取れるのだが、それは最早、あのバーホーヴェン監督の持ち味と言うほかない。
思い返してみると、ジャンルこそ多岐にわたるものの、殆ど一貫したテーマを取り入れているように思う。


ところで本作、吹き替え版もお勧めである。3パターン存在するのだが、どれも良い。
津嘉山正種 版の、抑揚の無い無機質な喋りは正に正統派。
磯部勉 版はそれとは対称的に、どこか情感が籠った感じがする喋りで、これはこれで良い。
ちょうどその両者の間のような喋りである、菅原正志 版の吹き替えも勿論良い。



通算250本目のレビュー。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • 悲しい
  • 恐怖
  • 絶望的
  • 切ない
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ