レビュー一覧に戻る
ロレンツォのオイル/命の詩

www********

5.0

臨床と人体実験の違いとは?

この作品を観て感じたのは、医学の尊さでした。本作品では、その尊さに愛をもって立ち向かたのは”家族”であった事実を見せてくれました。難病に立ち向かう家族や、団体の現実を目の当たりさせてくれる素晴らしい映画です。 治療方法の見つかっていない病気に対して、対処法を研究する目的は、お金ではなく、命を救うと言う尊い目的でなくてはならないんだ。でも‥ 製薬会社は”利益”を 医師・財団は”倫理”を 家族は”愛”を それぞれ追及している姿を、実にもどかしく見せてくれます。私は、製薬会社も財団も医師も決して悪くはないと思いますが、他の方はどのように感じられるのでしょうか。 この作品に表れている、もどかしさから、医療に対する問題定義と、執念とも思えるほどの家族愛を感じる事ができました。 属に先生と呼ばれる人たち、医師、学校の先生、そして政治家。これらの職業は聖職として扱えないのかな?ってたまに考えてしまいます。まっ、政治家にそれを求めるのは無理そうですけど(笑)。

閲覧数1,078