ロングウェイ・ホーム

A LONG WAY HOME

95
ロングウェイ・ホーム
4.3

/ 47

57%
21%
13%
6%
2%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

解説:allcinema(外部リンク)

作品レビュー(7件)

泣ける38.9%切ない27.8%悲しい11.1%勇敢5.6%恐怖5.6%

  • 一人旅

    5.0

    涙が溢れる家族ドラマの傑作

    ロバート・マーコウィッツ監督作。 幼い頃両親に捨てられ生き別れた三兄妹が長い年月を経て再会を果たしていく姿を描いた、実話を基にした家族ドラマ。 感涙必至の感動作。携帯電話、ネット・SNSが普及した現在では、「生き別れた弟妹を探そう!」Facebook・Twitter検索ポチッ。「見つけた!メッセ送ろ♪」と何の苦労もなく簡単にエンディングを迎えられそうなお話だが、製作当時の1980年代初頭ではそうもいかない。現在では描くことの難しい“アナログ”的な「兄妹再会物」の傑作として一見の価値がある。また、本作は元々TV映画として製作されたそうだが、TV映画にありがちな杜撰な編集は見られないし、90分という上映時間も丁度いい。ちなみに現時点では未DVD化なのでVHSで鑑賞するしかない。 ストーリーは兄・ドナルドの視点で進行し、何の手がかりもない状態から、幼い頃生き別れた弟・デビッドと妹・キャロラインの行方を探そうと奔走する様子が描かれる。三兄妹が過去に身を置いていた擁護センターのカウンセラーに弟妹の所在を聞き出そうとするも「18歳未満には情報を与えてはならない」という規則を前に挫折を余儀なくされる。いざ18歳を迎え改めて弟妹に関する情報を得ようとするも、今度は二人が里親の元から家出したという事実を突きつけられる...。 あと一歩で再会というところで、運命の悪戯がそれを妨害する。しかし、ドナルドは諦めない。「家に帰るんだ」と言うドナルドの姿が印象的で、彼にとって弟妹こそが帰るべき“家”であり、本作はタイトル通り“家に帰るまでの長き道のり”を描き出す。 ドナルド、デビッド、キャロラインの兄妹愛に涙が止まらなくなる作品だが、ドナルドとその里親夫婦の関係性というのがすごくいい。愛があることが当然のように求められる本当の親子ではなく、血の繋がりのない親子関係だからこそ生まれる感動というものがある。ダルデンヌ兄弟の『少年と自転車』と同じように、元々は他人同士という養子と里親の親子関係の中で、近づ離れずの微妙な距離を保ちながら、親子の間の心の距離を縮めるための努力と模索の様子が描かれる。 ドナルドが擁護センターに頻繁に電話していた事実を知った里親が「もう弟妹には会えないんだよ!諦めろ」と語気を強めて話す里親。その言葉を聞き、家を出て行く決意を固めていくドナルド。里親にとっては今の家族がドナルドの本当の家族であってほしいし、ドナルドからしてみれば生き別れた実の弟妹を探したいという気持ちは当然のもの。養子と里親、双方の気持ちが痛いほど伝わってくるから観ていて居たたまれない気持ちになるし、双方の発言・行動の共通点はその対象こそ違うものの家族に対する愛が根底にあるということ。どちらか一方が悪いということは決してないし、だからこそ少しの居心地の悪さを感じてしまう。 母親がドナルドにそっとお金を手渡すシーンや、恋人の写真を里親夫婦に見せるシーンがとても印象に残り、この時点で既に泣きそうになる。 また、第三者的立場からドナルドをサポートする擁護センターの女性カウンセラーも脇役として素晴らしい立ち回りを見せる。ドナルドの弟妹愛がセンターの規則を乗り越えてしまうシーンがこれまた感動的だ。 クライマックスは号泣必至。欲を言えば、その後の里親夫婦とドナルドの関係についても一歩踏み込んで描いてほしかったが、ドナルドの長年に渡る愛と努力が実を結ぶ瞬間に涙が止まらなくなる。感動的な音楽による場面の盛り上げも完璧だ。

  • nfr********

    5.0

    もう一度見たい

    15年くらい前になります。 この映画をレンタルビデオ店で見つけ、さほどの期待無く、見始めたのですが、すぐに引きずり込まれました。 今でも、兄と弟(David)の再開のシーンは、鮮明に蘇ります。思い出す度、涙を禁じ得ません。 もう一度見たくなり、何回もnetで調べてみましたが、DVD化はされていなく、残念至極です。

  • byp********

    5.0

    お願いします。DVD化してください。

    これは、真の家族探しの実話。 もとは、テレビ映画として作られたのですが、 人々の感動の声、リクエストの多さから、 映画として編集しなおされた作品。 映像はやや古いところもありますが、幼少期の貧しい生活 の様子などがリアルに伝わってくる感じ。 そして弟、妹から父親として慕われていた兄ドナルドの 瞳を通して思い出される過去の映像が涙を誘います。 こんなにピュアな絆で結ばれている3人の子どもたち を襲うシビアな現実には胸が張り裂けそうにもなりますが~ とにかく素晴らしいです。 多くの人に見てもらいたい。 お願いです! DVD化してください~

  • tam********

    5.0

    恐ろしい位の転落ぶり

    最初のあるきっかけから、どんどん暮らしが落ちてゆく家族。子供達の苦労がこれでもかと続いて行く。こんなに運命が悪化したら、両親と言えども、暮らしをも立て直すのは難しい。実話であったと言うのが益々恐ろしい。不景気な今の時代でも、充分あり得そうなストーリー。今の暮らしに感謝しながらの鑑賞を。頑張った長男が切なくて、一緒に泣けます。

  • pea********

    5.0

    何度見ても、涙

    全米で45%という驚異の視聴率を記録したテレビドラマを 劇場放映用に再編集したというこの作品 残念ながらDVD化はされていないようです。 こんなに心を打たれる作品が、今後埋もれていくのかと思うと ホントに残念でなりません。 もしお近くに、現在もビデオレンタルしている店があったら ちょっと探してみてください。そして運良く、もし見つけることが出来たなら 迷わず借りてみてください 多くの人に、この作品を見ていただきたい。 そして、家族が一緒に居られるという、ごく普通のことが どれだけ幸せなことなのか、改めて認識していただきたい。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
ロングウェイ・ホーム

原題
A LONG WAY HOME

上映時間

製作国
アメリカ

製作年度

公開日
-

ジャンル