ワーキング・ガール

WORKING GIRL

113
ワーキング・ガール
3.7

/ 475

23%
35%
32%
7%
3%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(68件)


  • ech********

    5.0

    ありきたりの話なのに大傑作

    女優二人がすごすぎて、脚本のせいだとは思いますがさすがのフフォード君が引き立て役。どってことないお話なのに、脚本、役者がよくて演出も切れてるので超一級の娯楽作です。 カメラワーク、演出、エンディング曲、こんなに素晴らしいラストシーンめったにないです。最後泣きそうになりました。

  • fiv********

    4.0

    ダコタ・ジョンソンのお母さん!

    この作品の音楽は、どこか聴いたことがある。 高嶋政伸さんの出世作ドラマ「ホテル」の主題歌だった。 そんな熱いメロディーに乗せられて学歴男性社会で努力してもなかなか認められない夜学出の女性が逆境の中で奮闘する姿がコメディタッチで描かれている。 そんなヒロインには、メラニー・グリフィス。 名前を聞いてもあまりピンとこないかも知れないが、彼女の娘は、なんと「フィフティ・シェィズシリーズ」のダコタ・ジョンソン。 あまり似ていないので気付かないかも知れない。 あと、相手役がなんとハリソン・フォードと豪華な布陣。

  • fun********

    4.0

    サクセス系でもとくに好き

    とにかく主人公が舌で自分の唇を舐めたり「ん〜」と軽く伸びるようなかったるそうにする仕草が目につく。セクシーの演出だろうか。 サクセスストーリーとしては面白い。 いやラブストーリーの方もいいけどね。特に彼氏がまわりにせかされて求婚するシーンで一瞬浮気相手の女性の悲しそうな顔のカットが入ったのは結構細かいねー、と感心した。 なんでどっちも、バランスよく面白いね。 んで、中心人物では、やっぱりシガニーウィパーが良い。 入院から帰ってきたときのやたらハイテンション具合が「あー、いるいる、こーいう自己中仕事女〜」てかんじ。 あと心が冷めてしまっているハリソンフォードをベッドで誘惑するところも秀逸。 ギブスをコンコンと叩く彼の手を取ろうとして空振りする所はとてもリアルで即興かな?と思うレベル。 ハリソンのアゴの傷もいじるとこもいいね。 あとキスしながらシャツ脱ぐシーンね。手首のボタンはずさないと簡単に脱げそうでなかなか脱げないよね笑 でもああいうワンカットのシーンはノリでやるのかな?実際むずかしいだろうな〜 あとはやっぱりラスト。 新しい職場に着くとオフィスには机に足をあげて電話する女、、 やれやれ、今度もなかなかクセのありそうな上司だこと、、という流れからのアレ。 「後はその都度2人で考えましょう」までの流れはなかなかの名シーンだと思う。 そういえば、その秘書役のひと、どこかで観たことあるなーとおもったら「スティング」の女殺し屋にめっちゃ似ていたので同一人物かと思ったけど時代が全然違ったね笑

  • 一人旅

    5.0

    Let the river run♪

    マイク・ニコルズ監督作。 NYを舞台に、キャリアウーマンとして成功を夢見るヒロインの奮闘を描いたドラマ。 『卒業』(67)のマイク・ニコルズが監督を務めたサクセスストーリーで、NY・ウォール街の証券会社の合併吸収部で働く秘書養成学校卒のヒロインが、スキー中に骨折事故を起こし入院してしまった女部長の代役となって、とある大企業がラジオ局の買収を図っている案件を成功させるべく奮闘する様子を描いています。 入院中の女上司には内緒で、巨額の資金が動く重大案件を勝手に取りまとめていくヒロインの秘密の奮闘を、ビジネスパートナーとなった他企業のエリート金融マンとの恋を絡めて活写していく作品で、まだまだ日本が経済的に元気だった1980年代後半における女性の社会進出を背景としたコメディタッチのサクセスストーリーとなっています。 “一介の秘書が会社や上司に無断で合併案件を取り仕切る”―という設定はなかなか非現実的ですし、それこそコンプライアンス的に大問題となりそうなものですが、学歴がないため出世の道が閉ざされていた不遇のヒロインが自分の頭で絞り出したアイデアで自ら道を切り拓いていく様子が“女性のアメリカンドリーム”を清々しく体現していますし、出世のためなら部下のアイデアも平気で盗む高慢な女上司と好対照を成しています。 成功を夢見る女性の仕事と恋の奮闘をNYの都市風景に乗せて軽快に描いたマイク・ニコルズ監督作品で、ヒロイン役のメラニー・グリフィス、相手役のハリソン・フォード、女上司役のシガーニー・ウィーヴァーが三者三様の存在感を放っています。 蛇足) 劇中ではヒロインと女上司は同い年という設定ですが、実際にはメラニー・グリフィスはシガーニー・ウィーヴァーの8つ年下です。

  • yuw********

    5.0

    作り手側が温かいと思う

    もう何十年も前にテレビで見かけて、VHSも買って繰り返し見た作品。 当時は「なんとなく好き」と感じていたが。 今、思い返すとやはり「いい映画だった」と思う。 それは、作り手側の温かさというか、「皆がまとまってる」というか。 まずほれぼれしたのは、シガニー・ウィーバーとハリソン・フォードの演技。 有名なベテランのこの二人が脇に回ってる。でも、ちゃんと主役を引き立てている。映画全体にも自然に溶け込んでいて、よく考えると驚く。このストーリーにちょうどいい具合の演技になってる。コミカルな所もとてもちょうどいい。 二人とも有名な俳優だが、この作品を見て、実力も十分に伴った二人だったのだと感じた。この二人の演技からは「この映画のお話をみんなで共に作り上げよう」という温かさを感じる。特にシガニー・ウィーバー(笑)。嫌な女上司の役にちょうどいい感じできれいに収まってて、ある意味キュートだった(笑)。 ジョーン・キューザックはこの映画で初めて見たのだけど、キュートな演技だった。良かった。「アドリブ?」なセリフや演技が楽しい。 そして主役の女優。そういう役柄だったというのもあるけど、たどたどしく丁寧に一つ一つ演技しているように感じて、とても好感が持てた。 二人の有名俳優を脇に、戸惑いながらもしっかりと一歩一歩踏み出していく感じが、ほんとに役の人物とぴったり一致するように見えた。 あれから何十年も経ったけど。 いろいろな映画を見た中で、この映画のことを思い出すと、なんとなく温かい気持ちになる。実際のところはわからないけど、なんだか作り手側みんなの温かい気持ちで作られた映画のように感じるから。

  • par********

    4.0

    シガニー・ウィーバーの方が面白そうだもの

    マイク・ニコルズによるロマンティック・コメディ。ワーキングガールと有能ビジネスマンとの上昇婚という掃いて捨てるほどあるやつだが、この作品の見所はワーキングガールがちゃんとワーキングしてるというところだろうか。 秘書として燻ってるテスが上司の休職の間に大規模な商談を進めてしまうサクセスストーリにもなっている。しかしロマコメとビジネス映画の二兎を追おうとして何だか中途半端な仕上がりになってしまった感は否めない。サクセスストーリとしてはその仕事の中間点がすっぽり抜けてしまって爽快感に描けるし、その成功にも相手役として出演するハリソン・フォードの助力もあるため、男性社会に女性が一泡吹かすというフェミニズム的な読み方も出来ない。 男性の力を用いて上流階級に上り詰めるという、マイ・フェア・レディのような旧態依然とした構図をビジネスで援用してしまうのは88年の映画でも時代遅れの謗りを免れない。 物語には驚きがないし肝心なところでは都合の良さが見え隠れする。主役の周りをハリソン・フォード、シガニー・ウィーバーという2大スターで固めてしまったのもミスキャストのような気がする。メラニー・グリフィスが成功する映画より、シガニー・ウィーバーが手練手管のあの手この手でのし上がってく映画のほうが見てみたいと思ってしまうもの。それでもマイク・ニコルズの手捌きの良さは「よくあるあの手の映画」として見る分には十分及第点の粋に達している。

  • tom********

    3.0

    映画だとわかっていても

    映画だとわかっていてもシガーニー・ウィーヴァーにとっては屈辱的な作品だったのかも?なんて想像してしまう。

  • tat********

    4.0

    見終わった後は気分爽快!

    女性が夢を掴む物語。 アメリカン・ドリームではなく、地道な苦労を続けチャンスを生かし勝ち取って行く。見終わった後は爽快感抜群! 「やりがい」を求め日々勉強をするが、学歴が邪魔をし上手く行かない。そんな主人公が上司のトラブルで得たチャンスを物にして行く。 30代後半にもなれば、誰もが一度は体験する希望と現実との格闘。視聴者は自分の経験を投影することで、映画にのめり込む。 ラスト10分のどんでん返しが爽快! 画質は古さを感じさせるが逆に味がでている。役者の衣装、髪型、化粧など時代を感じさせる。ハリソンも若い!シガニーは変わらんなぁ。 音楽は、アッあれか・・・と誰もが聞いたことのある曲。GOOD。

  • エル・オレンス

    3.0

    ネタバレシガニー姐さんの魅力あってこそ。

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • yuki

    4.0

    まぁ作り話だから

    能力はあるのに 上司が悪くて 全然評価されていない女性が 1つのキッカケで成功する話し。 シガニー・ウィーバーが 分かりやすくずるい女で ハリソン・フォードが ハンサムで出来る男 交渉相手の社長も すごく話しが分かる男で そんな上手くいくか! と思うけど 個人的には好きな映画です。

  • osa********

    5.0

    古き良きニューヨークの夜景

    今までで10回以上観ている作品の一つです。作品内容も音楽も良いですがニューヨークの風景…今は亡きワールドトレードセンターが綺麗に映っている作品だと思います。

  • kyabe2

    5.0

    働く女性のサクセス・ストーリー

    働く女性すべてが感動する映画。 主題歌も良い。劇中ずっと流れるが、いいところで盛り上がる。 今有名になっているダゴタ・ジョンソンの母メラニー・グリフィス主演。 この作品で、素晴らしい好演をしている。 日本人女優がやるようなお決まりの働く女性じゃない。 ウォール街のお堅い大手企業で、下等、女性、低能と評価され、希望や意見は防止され、一切取り合ってくれないばかりか、利用される。そして、出世コースから外れた女性だ。 そんな会社のエゴ、同僚のエゴから脱出しようと、主人公はワンチャンスにかける。 しかし、その一つ一つ階段ですら、生半可な気構えでいたら、思い切り見返りをくらったであろうウォール街。 だが、メラニー・グリフィスは自分の機転と根性で乗り切っていく。 ただ一歩進んだだけで終わらない。一歩、二歩と、じりじりと。 何度も難しい壁を乗り越えていき、どれだけ難しい壁だったかしれない難関な壁を、自分の才気と知力で最後まで登りきってしまう。 サンドバック的な苦境に落ちながら、這い上がって出てきた主人公。 そのあたりの話が良くできていると思った。 そして、メラニーの諦めない気持ち、何が何でもやってやるという気持ちというもの見えて、心地良かった。 働く女性を、メラニー・グリフィスは見事に体現できていたと言える。 最後まで努力して信じて上りきったとき、良かったと思える。そんな映画。 ハリソン・フォードも出てくる。当時の人気絶頂の彼が出ているのも、好感大。 エイリアンでセンセーショナルを起こしたシガニー・ウィーバーも、憎まれ役を演じきっている。 人気もある彼女がこんな悪役を?という疑問があったようだが、きっと本人はこんな役好きだと思うので、悪役もシガニーは喜んで演じきったと思う。 ほか、その後人気の出る俳優さんもあちこちに出ている。 見て、爽快。 主題歌にも癒される。 働く女性のサクセス・ストーリーで、ロマンチック・コメディ。 今から見ると、少々ファッションが古いのだが、映画自体は素晴らしい。

  • bat********

    4.0

    ネタバレ仕事に恋愛に精一杯生きる女性の成功物語

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • ちーちゃん

    4.0

    カーリー・サイモンの主題歌と共に

    大好きな監督マイク・ニコルズ。もう亡くなってしまいましたが久しぶりにみました。やっぱりいい。

  • m9b********

    5.0

    いいじゃん!!

    古い作品だったので幾度となくスルー 時間つぶしにみてみたら、、、 作品の構成はすこぶる良い! 髪型が時代を物語ってるのもまたいい! 仕事を頑張ろうとみるものにエールを送られる ステキな作品! ただのラブストーリー、ただのコメディーではなくこういう構成、本当にいい!

  • guc********

    4.0

    色白は七隈隠す

     ヒッチコック女優のテイッピ・ヘドレンの娘、メラニーを見るため2度目のレンタル。お母さんは「超美人」、メラニーは「ファニーフェイス」。ただメラニーの肌の美しさはお母さんより上。乳白色(真珠色)、人間の肌とは思えない「最高の美肌」。  映画の良しあしよりメラニーの容姿のほうが気にかかる。シガニー・ウィーバーの貫禄の演技に比べ、なんとも「素人ぽい」芝居。でも、いいんだよ!あなたは「あなた」。ハリソン・フォードも「鼻の下の長い」デレデレ演技。また、私の恋仇、アレック・ボールドウィン(私からキム・ベーシンガーを盗った奴)もあなたにデレデレ。あなたがいるのに、たいして美人でもない女と「チチクリアウ」なんて!なんという野郎だ。  もう少しメラニーとハリソン・フォードが頭の切れを見せてくれたら・・・もっと面白かっただろうに。あなたの「舌なめずり」は色気ムンムンでしたね。 結論:メラニーを見たい人にだけ「お勧め」です。見て後悔はありません。

  • vinya

    1.0

    嘘つきの話ですか

    いかにもアメリカの映画。向上心のあるセレブに憧れている身持ちが悪い女性がサクセスストーリーを演じるまじめやってるのが見てて辛い。ハリソンの笑える演技が可哀想な気持ちになりました。

  • aki********

    4.0

    ネタバレ仕事と恋のバランス

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • isa********

    5.0

    夢を感じる

    社会で成功する若者の夢、未来へ希望を感じるさせるけがえのない作品。特に主題歌が最高!

  • oku********

    5.0

    working GIRLS

    ハリソンホードシガニーウイバ〜

1 ページ/4 ページ中