ワイルド・アパッチ

ULZANA'S RAID

102
ワイルド・アパッチ
3.8

/ 46

20%
43%
30%
7%
0%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(14件)


  • ame********

    3.0

    アパッチの残虐性やその理由を知る

    保留地を脱走したアパッチのウルザナ追撃を命ぜられる若い少尉 斥候のマッキントッシュとアパッチのケ・ニ・テイに助けられ いろいろと疑問を持ちながらも経験を積んでいく 若い兵士が急いで駆け戻って 女を銃で殺すのは アパッチの慰み者にされないためか そして自殺 アパッチのやり口を知っているからだな 男が死ぬとき殺した男に力を与える 長く苦しめて殺せば多くの力を得ることができる この考え方って普遍的なものかもね しかしキリスト教的倫理観とは相容れないものだな

  • kat********

    4.0

    残虐だけではない

    アパッチと聞けば、凶暴で残虐なインディアン部族と言うイメージだが、今回の映画でアパッチが残虐に人を殺す理由を知れてスッキリした。 もちろん殺人を肯定するワケではないが、ただ単に残虐じゃないと知れた事には意味があると思う。 (まっ映画なのでどこまでホントの話しかは分からんけど…) バート・ランカスターが主人公ですね。 時々見かける俳優さんですが自分としては「カサンドラ・クロス」(1976年)が思い出されます。 本作は、西部劇と言えば西部劇ですが、アパッチを知る映画として観るべきではないでしょうか?

  • むるそー

    5.0

    ネタバレ今こそ再評価されるべき傑作西部劇

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • みっつん

    3.0

    ある意味、画期的でリアルです

    『荒野の七人』でジェームス・コバーンが偵察に来たカルベラ一味の一人を遠くから撃ち殺すんだけど、 「狙ったのは馬だ・・・」 『駅馬車』でフォード監督が、 「何故、インディアンは馬を狙わないのですか?」との問いに、「映画が終わってしまうだろ」っとウィンクしたそうな そう、この映画、インディアンに馬を取られるくらいなら殺して渡さないようにしろという。戦略的にも馬が最も重要な位置づけ 『駅馬車』も好きなんだけど、西部劇の馬を狙わない・狙えない設定に違和感を持っていたのは事実 それとご婦人がインディアンにレイプされるんだけど、池に入り大事な所をゴシゴシ洗って落ちない、少し病んでしまっているんだけどこんなシーン見たことない。 バート・ランカスターはさすがだし、若いインディアンと若い隊長も魅力がある。 戦略戦という意味でも興味深いところがある。でもそこまでかな・・・ アルドリッチは結構好きな監督でした。

  • beautiful_japan_

    5.0

    ネタバレ西部劇の最高傑作ではないでしょうか

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • kak********

    3.0

    アパッチ族と騎兵隊の心理戦を描いた佳作!

    インディアン保留地を脱出したアパッチ族と、それを追う騎兵隊の物語。 凶暴なアパッチ族も保留地に追いやられ末期の状態ながら、最後の抵抗と言うべき戦いが繰り広げられるが、戦力不足もあって派手な戦いと言うより心理戦に近い様相が描かれている。 主演は「大空港」や「カサンドラ・クロス」のバート・ランカスターと「いちご白書」のブルース・デイヴィソン。 殺すのも活かすのも理由があるのは、なるほどと思わせられるが、全体的に地味目になるのは仕方のないところか? 相変わらず渋い演技のバート・ランカスターの存在感が光るが、若い中尉役のブルース・デイヴィソンも頼りないところがありながら役目を果たそうとするところを上手く演じている。 西部劇と言うより、濃い人間ドラマの展開は抑えた演技のバート・ランカスターで一層味わい深くなっている。

  • tos********

    3.0

    「憎んでも幸せになれない」

     インディアン保留地から、アパッチ族の戦士ウルザナが脱走。それを騎兵隊が追跡する。  荒野を知り尽くしたアパッチと、追跡する騎兵隊の戦術戦を描いた、骨太の西部劇。双方に非情なシーンを盛り込んで、なるべく偏りのないように描いていたのが印象に残ります。  「憎んでも幸せになれない」

  • おおぶね

    3.0

    メンターもの

     メンターって、恩師のこと。  黒澤の映画は多くがこれだった。  幼い若者を育てる映画なのだ。    西部劇で初めてアパッチがこんなに残虐になっているのを観た。  この後には、こんな映画は作られなくなるのだろうが、ちょっと驚いた。  もちろん、違うアパッチもいることは描いているけれど。  『ソルジャー・ブルー』以降になれすぎているのかもしれない。  まさかの結末ではあった。  

  • al2********

    4.0

    ワイルドアパッチ

    居留地から逃げ出したアパッチたちと彼らを追いかける騎兵隊の戦い。 邦題の「ワイルドアパッチ」だと爽快なアクション西部劇を連想してしまうが実際見てみるとかなりヘビーなテーマと後味のほろ苦さが印象的な作品になってます。 アパッチ戦士たちの非道な残酷さが強烈に描かれ、かといって彼らを追いかける白人騎兵隊を一方的に善として描いてるわけでもなくドライな視点で両者の戦いを見つめるアルドリッチ監督ならではのハードな西部劇になってます。 主演のバートランカスターのガンアクションや馬に載る姿は相変わらずかっこよく、アパッチと騎兵隊の駆け引きも面白く緊張感ある展開で娯楽作としても一級品です。 しかしやはりこの作品のテーマであるランカスター率いる白人騎兵隊と先住民たちの立場や考え方の違いが重くて見たあとも印象に残りました。

  • bar********

    5.0

    アパッチ族と高度な戦いをえがく

    ワイルド・アパッチ。ウルザナの襲撃。 最後まで戦ったアパッチ族の、ある男との戦いを描く。 今作品で語られていることは、人種差別などではなく、その撤廃である。アパッチ族のウルザナは居留区を抜け出して白人たちを虐殺して回る。虐殺するのは憎いからだけではない、力を得るためであると、同じアパッチ族の、白人たちの味方、ケ・ニ・タイは語る。 この荒野の表現。じつにすばらしい。 そしてバート・ランカスターの重厚な演技。彼ともうひとり、少尉役のひと、名前はちょっとおぼつかないが、彼もすばらしい演技だった。 ここで語られているのは、何度も言うが、人種差別などではない。白人たちの侵攻の歴史、そしてインディアンの戦いの歴史、キリスト教の揺らぎ、白人たちの傲慢さがまねいた厄災である。そして、それを包括して調和するようなかたちで、ウルザナと追跡部隊との心理戦、技術的に高度な戦いを描いている。 そしてその中心にあるのが、人種の違いがある前に、われらは同じ人間である、という強い確信である。 いくさの後、敵を「立派な戦いをした」として浄化する。そのことで何度人間は戦いの癒しをそこに見てきただろう。 戦士の倫理の極致がそこにある。それは魂を浄化する儀式となり、死が最高度に美しくなる瞬間となる。 戦いにおいて、純粋な戦いというものは、主義や人種などを越えていく……きっかけは非常につまらないことだが、アパッチの理解者であるマッキントッシュ、ケ・ニ・タイが追跡部隊を先導していくことで、余計なものがなくなった、純粋な男の試合を見ることができる。 ロバート・アルドリッチ監督にうならせられるのは二度目だ。まず一度目は「北国の帝王」で……そこでも普遍的な男の観念を磨くことができた。今作ではまた違った形でそれを見ることができて嬉しい。派手でもないし、巧妙な演出があるわけでもない、しかし無駄を排した人の良さをここに見ることができる。自分に必要な物は何か、きちんとわかっている人は少ないし、そんな映画監督というともっと少ないのだ。

  • hea********

    3.0

    頑張れアパッチ

    人種差別を結集させたような映画で、今ではまずこんな映画は撮れません。 ここまでグロい西部劇はあんまり無いですね。 内容は結構しっかりしていて普通に楽しめます。 西部劇にありがちな追撃戦ですが、アパッチもなかなか頭を使っていて、ほかの西部劇と差別化されています。 バート・ランカスターくらいしか有名な役者はいません。 今のご時世を考慮するとアパッチを応援したくなるのかもしれません。

  • d_h********

    5.0

    ネタバレアンチ西部劇の傑作

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • いやよセブン

    3.0

    肉食西部劇

    1972年製作、主演がバート・ランカスター、監督がロバート・アルドリッチとくれば硬派の西部劇となる。 アパッチ族の一部が居留地から逃げ出し、騎兵隊が追跡隊を編成する。 隊長は若い将校で、ベテランのバート・ランカスターと友人の先住民が顧問となる。 アパッチ族は入植者たちを惨殺、頭でっかちの隊長は驚き、憎悪の感情に囚われていく。 追跡劇の駆け引きはとても面白いのだが、最後の決戦はかなり無理がある。 若い隊長に諭す台詞、「憎むと早く命を落とすが、恐れると長生き出来る。どう対応するかよく考えるからだ。」 今の日本にも当てはまるかも。

  • sai********

    4.0

    サスペンスウエスタン

    居留地から逃亡した復習に燃えるインデアンを追跡する若き騎兵隊の中尉。互いに一歩も譲らぬ心理戦に手に汗握る展開は名匠ロバートアルドリッチと名優バートランカスターの真骨頂!私が子供の頃によく観た騎兵隊映画の中でも特に印象に残っている作品です。 アパッチ対騎兵隊のスリリングな駆け引きはまさに一級サスペンス。現代映画もいいけれど古典映画から今を見つめ直すのも必要かも。極上の西部劇はあなたのハートを打ち抜くかも☆☆☆☆

1 ページ/1 ページ中