レビュー一覧に戻る
若草物語

若草物語

LITTLE WOMEN

118

エル・オレンス

4.0

ネタバレ20歳のクリスチャン・ベール!

一番の魅力は超超若かりし頃のクリスチャン・ベール!演技は全体的に穏やかで控えめで、そこまで際立つ個性はないんですが、この青年が後々『ザ・ファイター』(2010)や『アメリカン・ハッスル』(2013) でデ・ニーロばりの驚異の役作りをするような超個性派俳優になっていくとは、本作の頃の彼からは到底想像できないですね〜 主役のジョーを演じたウィノナ・ライダーは、有名な1933年版のキャサリン・ヘプバーンに負けず劣らずのオーラがあり、適役でした。他にもキルスティン・ダンスト(途中で役者変わったのは残念)、スーザン・サランドンら女性陣の配役も素晴らしくハマっており、まさに原作の小説から飛び出したよう。 にしてもラスト。包容力あって、意気投合できるイケメン男性とは言え、あんな金欠のおじさんと超年の差婚をしちゃうジョーの行く末が心配でならない(笑)

閲覧数2,866