ここから本文です

我が道を往く (1944)

GOING MY WAY

監督
レオ・マッケリー
  • みたいムービー 25
  • みたログ 173

4.26 / 評価:47件

DVD買っちゃいました。

  • gyo***** さん
  • 2020年9月13日 2時34分
  • 閲覧数 127
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

一年に一回は観たくなります。

難しいことは言えませんが、これ程爽やかに涙を流せる作品は、そう多くはないと思います。

昨今は、誰かが傷ついたり誰かを傷つけたり誰かが死んだり死なずに済んだり、そんな作品が多いように思えますが、それって題材的には『涙を流して当然』なものだと思っています(あくまでも私見です)。

この作品は、重い事件こそありますが、日常的な出来事が面白おかしく描かれており、登場人物は困難があってもそれを乗り越えて行ってくれます、そして最後には、感動で素直に涙を流せる名作だと思います。

毎回、この作品を見た後は、『お爺さん』『お婆さん』『神父さん』と聞くだけで涙ぐんでしまいます(笑)。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 笑える
  • 楽しい
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ