ここから本文です

鷲は舞いおりた (1976)

THE EAGLE HAS LANDED

監督
ジョン・スタージェス
  • みたいムービー 19
  • みたログ 307

3.55 / 評価:128件

好演ぞろい、テンポのよい娯楽大作

  • morecambeandwise さん
  • 2018年8月13日 0時46分
  • 閲覧数 595
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

エンディングでまさかの展開でしたが、終戦間近のドイツとイギリスを舞台に描いた作品。

とにかく、ダレずにテンポよくこの大胆不敵な作戦を描ききっています。

序盤のシュタイナーの軍法会議のいきさつとかはちょっと時系列的に荒っぽいかな、とか、モリーとデヴリンの感情的なもつれ方が生煮えだとか、そんなことはいくつかあるのですが、作戦の遂行という大きな流れがあるので、あんまり気にしてる余裕がないというか。

少女が流されるのを助けようとしたことがきっかけで計画が露顕するとか、村人も目ざといなとか、最後に神父がデヴリンにだけはキレるのね、とか、シュタイナーは作品が成功したと信じて死んだのね、とか、そもそもラードルは失敗する確率の方が高いと思ったけど、シンクロニシティーに魅入られて、作戦の決行を決めたのね、とか、途中でシュルシュルシュルと勝手に撤収に入るヒムラーの姑息さとか、人間の振る舞いが味わい深くてすばらしいです。

あと、すごいのが音響。普段だと中央にしゅっとまとまる音場が、この作品だと縦横無尽に爆音が暴れまくり。1976年というとスターウォーズの前年ですからね。もはや写実的に描く記録映画のノリを越えたエンターテイメントとして意識されてる「売り物」だったという感じがすごくします。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 楽しい
  • 悲しい
  • スペクタクル
  • ロマンチック
  • 勇敢
  • 知的
  • 絶望的
  • 切ない
  • かわいい
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ