ここから本文です

鷲は舞いおりた (1976)

THE EAGLE HAS LANDED

監督
ジョン・スタージェス
  • みたいムービー 20
  • みたログ 307

3.55 / 評価:128件

儂は舞い上がった

  • kinchan3 さん
  • 2017年7月3日 11時53分
  • 役立ち度 4
    • 総合評価
    • ★★★★★

 ヒトラーはすぐに忘れるという計画を表面だけ調査してみようというところがいい。
 ドイツにもまともな人間がいたことが分かる。
 というか、悪い人間ばかりで戦争はできない。
 ユングが出てきてシンクロニシティについて語る。

「サラブレッドが農場で働くようなもの」という説得がいい。
 これにアイルランドの独立が絡む。

 犬のなつかせ方を知りたいな。

 戦争映画の多い監督だったが、戦争の悲惨さをきちんと伝えている。
 でも、描きたかったのだろうな。
 『ジャッカルの日』同様、チャーチルが死んでないことは分かるのに、ちゃんと映画としてできているのはやっぱりストーリーテラーの作家と職人監督の腕だ。
 後味の悪い映画だった。
 計画がダメになる原因というのがあまりにもあまり。
 そんなもんなんだろう。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • スペクタクル
  • 知的
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ