ここから本文です

フィービー・ケイツの 私の彼は問題児(ドドンパ) (1991)

DROP DEAD FRED

監督
エイト・デ・ジョン
  • みたいムービー 3
  • みたログ 25

3.18 / 評価:11件

邦題にだまされてはいけない

  • あげまき さん
  • 2007年9月16日 22時04分
  • 閲覧数 567
  • 役立ち度 11
    • 総合評価
    • ★★★★★

『私の彼は問題児(ドドンパ)』
公開当時はこの邦題にげんなりして観る気もおきなかったのだが…。
機会があって観てよかった。

人生どん底のエリザベス(フィービー・ケイツ)の前に現れたのは、
子供のころにいっしょに遊んだ空想の友達、ドロップ・デッド・フレッド(リック・メイヨール)。
この他人の目には見えない空想の友達であるはずのフレッドが
エリザベスや周りの人々に災厄をもたらす。
フレッドの悪ガキぷりがハンパじゃない。
ホームアローン的な知的トリックもなくただただ散らかす、壊す。
セリフもウンチだの鼻くそだの、まあ今時の幼稚園児だってもっと品があるぞ。

ドロップ・デッド・フレッドのリック・メイヨールのはじけっぷり、キレっぷりがすごい。
昔、イギリスのコメディ「The Yong Ones」や「Bottom」のキレたメイヨールがウケてた私には、なんと懐かしかったことか。

思わずほろりとさせられてしまったのは、
あれだけキレて下ネタふりまいていたフレッドが最後に男前をみせたから。
(おんや、リック・メイヨールがかっこいいぞ )
そして、母親の言うなりだったエリザベスが自我と強さと寛容を身につけていったから。

たわいもないコメディなんですよ。
でも邦題から受けるイメージよりは楽しく、
ちょっぴりせつなさが残りました。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • ファンタジー
  • 切ない
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ