ここから本文です

フィービー・ケイツの 私の彼は問題児(ドドンパ) (1991)

DROP DEAD FRED

監督
エイト・デ・ジョン
  • みたいムービー 3
  • みたログ 25

3.18 / 評価:11件

28歳のフィービー・ケイツが若妻役だが?

  • hoshi595 さん
  • 2010年11月4日 4時07分
  • 閲覧数 720
  • 役立ち度 14
    • 総合評価
    • ★★★★★

「パラダイス」で衝撃的デビューを飾ったフィービー・ケイツ
28歳の時の作品。「グレムリン」の時でも21歳だったが、
常に若く見えるのか、本作品での若妻役も学生のように見えて
戸惑ってしまった。

さて、いつもの事ながらセンスのない長い邦題には呆れる。
更に、駄作の定石とも言うべき「XXXの・・・」と冒頭に
俳優の名前を持ってくる最悪の題名になっている。

ちなみに原題は"DROP DEAD FRED"であり、物語に登場する
空想上の友達の名前になっていて分かりやすい。

そのドロップ・デッド・フレッド役には、リック・メイヨール、
フィービー・ケイツ扮するエリザベスの母親役は、リチャード・
ドレイファスと共演の「グッバイガール」で2度目のゴールデン・
グローブ女優賞に輝いたマーシャ・メイソン、エリザベスの夫役
には、「アニマル・ハウス」のティム・マシスン、そして親友の
ジェニー役には、「スター・ウォーズ」のレイア姫役で知られる
キャリー・フィッシャーと共演陣も揃っている。

加えて、特別出演には「ニキータ」のハリウッド・リメイク版
である「アサシン」で主役を務めたブリジット・フォンダが
登場し大人の魅力を振りまいているのだから、フィービー・
ケイツがますます子供っぽく見えてしまう。

物語は、一挙に不幸が押し寄せた主人公の前に、悪戯好きの
ドロップ・デッド・フレッドが現れ大騒動になる。

コメディには違いないのだが、テーマが親の過保護だったり、
夫の浮気に気付いても優柔不断の妻だったりと、身近な問題を
扱っており、不毛の愛に悩む姿が痛々しい。

主役のフィービー・ケイツも本作品の前にケヴィン・クラインと
結婚していたのだが、流石に女優だけあって気配すら感じられ
なかった。

「マスク」のジム・キャリーと同じく、ハチャメチャな
パフォーマンスが展開するので、常識ある真面目な人は
ついていけないかもしれない。それほど悪趣味な悪戯も
出現するのだが、フィービー・ケイツの魅力で全て浄化
され不快感は生じない。

むしろ、冷めてしまうのはテーマの深刻さで、子を持つ親に
是非観てもらいたい作品の一つと言える。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • ファンタジー
  • 不思議
  • かわいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ