ここから本文です

われらの恋に雨が降る (1946)

DET RAGNAR PA VAR KARLEK/IL PLEUT SUR NOTRE AMOUR

監督
イングマール・ベルイマン
ヘルベット・グレ・ヴェニウス
  • みたいムービー 0
  • みたログ 4

3.00 / 評価:1件

オフビートな人生讃歌

  • URYU さん
  • 2009年11月20日 18時44分
  • 閲覧数 185
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

現実の荒波は厳しいけれど、二人で前向きに力強く生きて行こう…とするオプチミカルなメッセージが感じられる作品。

ドラマの冒頭や途中に、謎の老人(イェスタ・セーデルルンド)が出てきてスクリーンに向かって、観客に話しかけたり、時には主人公を助けたりする。<ある時は自転車屋の客、ある時は法廷弁護士、ある時は酒場の客…>どうもその人物は、老人の姿を借りた天使らしい…と話す主人公たち。なんとも瑞々しい趣向である。

これは、いささかオフビートな人生讃歌だった。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 楽しい
  • 不思議
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ