レビュー一覧に戻る
ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ

Blue Bull

3.0

ネタバレ長い、そして意味のない長さ

昔の映画だし七人の侍も長いし、長いのを悪いとは言わない けど、長いならその長さを補えるほどの面白さがなきゃダメ そして、この映画にはその面白さはない 絶対2時間で収められるだろと思ってしまう それに演出も上手くない、最初の回想シーンだと観客に分からせる為に電話のベルが後ろで鳴り続けてるシーンなんかずっとイライラしてた 特にストーリーに捻りがあるわけでなく、王道?のマフィアもの(これやゴッドファーザーが源流なんだろうから当然といえば当然)な為、展開が読めるし冗長に感じた いい点を上げるとするなら、古い時代の生活感を垣間見れたことに尽きる あと、右眼だけが小さいやつ。 手塚治虫のマンガとかに出てきてたけど、ああいうのってほんとにいるんだと思った。それだけなんだけどw 音楽は良かったかな

閲覧数2,801