ウンベルトD

UMBERTO D

87
ウンベルトD
3.8

/ 67

33%
27%
33%
6%
1%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(13件)


  • kaz********

    3.0

    定年後の生活は社会保障充実で

    戦後の貧しい時代に庶民の生活を描いたヴィットリオ・デ・シーカの社会派ドラマ。定年後のままならない暮らしに、年金を引き上げよとデモに参加したウンベルトだったが、アパートに帰ると女家主に家賃を催促される。アパートにはマリアという唯一の話相手の娘がいる。マリアに家賃の一部を言づけるが、家主は全額でなければ受け取れぬと拒否し、ウンベルトに立ち退きを迫る。ウンベルトはフライクという犬を飼っていつも連れていた。ウンベルトが熱を出して入院した際には逃げ出したフライクを探し取り戻すほど愛していた。マリアは妊娠していることをウンベルトに相談するがウンベルトは何もできない。街角で何人かの知り合いに借金を申し込むがうまくいかない。万策尽きたウンベルトはフライクと一緒に鉄道自殺しようとするが・・・・・・・。  戦後の貧しい時代なので、街角で物乞いする男も描かれるが、ウンベルトも知り合いに物乞いしている姿は見られたくないというプライドもある。それはフライクに帽子を持たせて自分は物陰から見ているシーンだ。年金引き上げデモがこの時分からあったことにも驚いた。  ウンベルトはこの先どう生きていくのかわからないが、老後の生活には、やはり充実した年金が必要だ。社会保障充実の声をもっともっと大きくしていきたい。

  • bar********

    4.0

    ネタバレウンベルトD

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • yok********

    4.0

    リアリズムを追求した演出。

    レジスタンス的映画にも関わらず、こうなったのは社会のせいだけでなく、主人公そのものの性格にもあると感じさせる脚本は「自転車泥棒」と、同じく、凄いリアリズムでした。お手伝いの女の子と犬がとにかく可愛い。出演者のほとんどが素人だそうですが、犬の演技はプロ中のプロでした。

  • nyj********

    3.0

    彼には貧しくても落ちたくない一線があった

    貧しくてかわいそうな年金受給老人のお話である。お金がなくても乞食にはなりたくない。彼の犬が代わりになる。住むところもなくなり踏切で自殺を図る。彼の犬が吠えまくり寸止めで助かる。犬と老人の哀しい映画であった。ところで、家主のお手伝いの若い女の子、かなり昔の映画なのにやってることは今時の女の子と同じというのはビックリです。

  • ww4********

    3.0

    独居老人と愛犬の話を通して愛を訴える。

    映像から醸し出される雰囲気とストーリーは現代にも通じる。愛を訴えてる映画だと思う。

  • スーザン

    5.0

    愛犬が支えなのが救いであった。

    戦後のインフレにより生活苦を強いられる年金生活者ウンベルト(と愛犬フライク)の物語。 同じくデ・シーカ監督の『自転車泥棒』同様、貧しさに切羽詰まりどうしようもなくなってしまうのが本当につらい。 ウンベルトは早急に部屋代を払わないと追い出されてしまう身。 対照的に下宿の女主人や、そこに出入りする人たちは華やかだ。 下宿屋のお手伝いの女の子は教養も無く、誰の子か分からないような子を身ごもっている。 チャップリンの映画ならここでウンベルトがひと肌脱いだり、清く貧しく美しく・・・という所だが、デ・シーカのネオ・レアリズモはそんなに甘くない。 常に身だしなみを整えたり、体裁をきっちりするウンベルトには、物乞いや救済施設へ行くという選択はない。 金策にほとほと疲れ果て、いっそのことフライク共々線路に飛び込んで・・・と思うがそれも上手くいかない。 観ている方も、暗く悲しくしんどい。 フライクの存在がせめてもの救い。 だが、もうラストはどうしようもない。 本当にどうしようもない。 こんなリアルさってある・・・?

  • rec********

    5.0

    為すすべもなく立ちすくむ、とはこういう事

    デ・シーカにとって「描く」ではなく「描かずにいられなかった」作品。それゆえに時代と国籍を越えて2017年の我々にも肉迫してくる。観た者は「遠い昔の貧しい時代の話」とのんびりしたことは言うまい。為すすべもなく立ちすくむ有様。リアリズムの極致。今までクロサワやキューブリックの完璧主義をリアリズムと混同していればひとり秘かに恥じるべし。ワタシもその一人。

  • 柚子

    3.0

    愛らしいワンちゃん♡

    30年間真面目に働いてきたのに、ろくに年金も、貰えない 家族も、いない 家賃も払えず、下宿を追い出される老人… 唯一の生きがい、愛犬、フライク 死を考えるも、フライクのことだけが、気がかりで… 救済院に入ればいいし、物乞いして生きる道もある 犬もかろうじて、預け先はあるが、やはり、人間としての、最低限のプライドがある 人間として、生きたい 当然です 愛犬フライクの可愛らしさは、どうでしょう(*^_^*) 物乞いする恥ずかしさから、フライクに帽子を加えさせて、変わりにやらせようとする そのとき、フライクがチラッと主人を見る瞳 電車に飛び込もうとして、恐怖に怯えるフライク どうしたらあんなシーンが撮れるんだろう トレーナーとの信頼関係の賜物なんでしょうが、本当に、可愛いワンちゃんに癒される

  • d_h********

    5.0

    黒澤の「活きる」より良い

    デ・シーカの映画はどうしてこう泣ける作品が多いんでしょうか。あの犬はズルいです。

  • 一人旅

    3.0

    ウンベルト・D・フェラーリ

    ヴィットリオ・デ・シーカ監督作。一人暮らしの老人ウンベルト・D(ドミニコ)・フェラーリ。アパートの横柄な女家主に家賃滞納分を支払わなければ追い出すと迫られたウンベルトは、どうにか金を集めようと奔走する・・・。愛犬フライクがウンベルトの心の友。街往く人から施しを受けようと、フライクに帽子を咥えさせて街角にお座りさせたりといつも一緒。久しぶりに再会した知人にすぐに金の援助を求めるなど、哀しいほど誇りも何もかも捨ててしまっている。知人たちもそれを察知してか、足早にウンベルトの元を去ってしまったりと悲しい。終盤に見られるフライクの悲痛な演技はお見事。一瞬、マンガの犬に見えたほど豊かな表情だった。

  • mor********

    3.0

    ちょっと待って

    ラストシーンが忘れられない一作です。 犬が飼い主に接する態度に驚きました。 観たまま感じるのがよい作品と思います。

  • のぶよし

    4.0

    片思いの人と

    20才の頃、初めてのデートと映画で、イタリア”ネオレアリズモ”の名作のこの作品を見ました。それから半世紀以上、字幕ソフトとDVDを買って、字幕を入れ見直したのです。(字幕入りDVDは発売されていません) 映画は敗戦間のないイタリアの年金生活者(すでに“年金生活”問題が発生していたのだとびっくりしました)の悲哀を描いたものだと思うのですが、主人公には奥さんも子供もいなくて犬だけが“伴侶”です。 主人公のこんな生活にもあの大戦の後遺症が強く表れているように思えるのですが、一方で、“戦後”をうまくアメリカナイズして生き始める階層もいて、日本ともよく似ていたんだなと感じた。 でもまあ、デートの作品としては如何なものであったか、苦笑と悲哀でした。ほとんど記憶から忘れていた内容を復元して、私自身の人生の円環も終わったとendマークでした。

  • bakeneko

    5.0

    犬は名演!

    最近NHKが放映しましたが、「ウンベルトD」は犬好きとしては外せません。犬が健気で無邪気で!。ヴィットリオ・デ・シーカ監督作ってことで採算取れませんか(1951作だからパブリックドメインに落ちているかも)。

1 ページ/1 ページ中