ドンファン

DON JUAN DEMARCO

98
ドンファン
3.5

/ 197

22%
26%
38%
9%
5%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

解説:allcinema(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

作品レビュー(58件)

ロマンチック19.9%セクシー15.5%かっこいい10.5%ファンタジー9.4%コミカル7.7%

  • とし

    3.0

    紀州じゃないよ!

    2021年6月6日 映画 #ドンファン (1995年米)鑑賞 キャストの順番は、#マーロン・ブランド が1番ってことはマーロン・ブランドが主演なのかと思ってしまうよね それって宣伝上マイナスだったんじゃないのかな? #ジョニー・デップ の魅力満開の作品でした

  • ikk********

    2.0

    個性を確立した映画とは思います

    フェイ・ダナウェイ、マーロン・ブランドと出演している豪華な映画なので観ました。あと、ブライアン・アダムスを聴くので「そういや、この映画観てないな」と思い出しました。基本、ジョニー・デップの出てる映画は総じて好き嫌いが大きく分かれると思う。「ギルバート・グレイプ」や「ニック・オブ・タイム」辺りは割と普通の役ではあるが、どんなジャンルでも彼の出演してる映画はほとんど独自の世界がある。ディズニー映画にも通じるファンタジー感があると自分は思っているが、悪く言えば、どこか軽く観ていて感情移入しにくいものがあり、これはもう列記とした個性の確立だと思っている。なかなか、こんな役者さん他にいませんからね。あとは、今後いつ路線が「普通」になるか興味がありますが。  この映画は彼の路線(型)を決定的にした記念すべき映画かもしれない。 医師役で出ているM.ブランドが唯一まともな役に思え、最後まで観る気持ちをキープしてくれた。F.ダナウェイとベッドでマッタリ話してるシーンは和みました。  ストーリーの方は過去を回想しながら進んでいくのですが、不思議発見とでも言えばいいのか、単なるプレイ・ボーイの話なのか、人間の奥底に眠る忘れかけた意欲を思い出させる展開なのかな...自分には難解でした(苦笑) この映画も、やっぱり独自の世界ですな。  愛の貴公子、ドンファンで納得します。  個人的には欠かさずチェックしたい役者さんではないのだけど「彼の世界を堪能しようかな」と不定期に気が向く、稀な存在の方です。

  • bea********

    3.0

    この規模がジョニデにはいい!

    演技派のジョニデには大作よりこの規模の作品の方がいい もともと単館インディペント系作品で本領を発揮していたのに突如子供のために!と大作に出るようになってから 良さが失せている最近のジョニデ この95年のメジャー配給の小規模作品ではいい味を出しています マーロンブランド、フェイダナウェイ共に楽しそうコメディを演じています マーロンブランドは80年代以降は真面目に演技してない作品が多く このあとのスコアと比べると分かりますが適当さが違います スコアではいい加減といった方がいいくらい ストーリーは虚言癖(妄想癖)の青年を治療する引退間際の分析医との交流ですが 彼の話の端々の真実を読み解きながら進みます 深く考える必要のない作品です 当時、ジョニデは30過ぎでしたが21才の設定です  マーロンブランドは70くらいでフェイダナウェイは50くらいだったと思います 息の合った夫婦役だと思います ラブシーンが多いので家族向けではありませんがハッピーエンドで終わるので 暇潰しに見るにはいい作品です

  • のん

    3.0

    おもしろーい!けど。。

    最初はなに?このファンタジー?!と思ったら、すっっっごい妄想癖のある男性のお話でした。最後のロンTになるジョニーに笑えました。ドンファンから現実に戻る時のジョニーの演技力には脱帽です! 物語的にはうーんって感じだし、ジョニー以外の人がやったら見る気うせますね。 もう一度見るなら、ジョニーのキスシーンを見るぐらいでいいかなってぐらいの映画です。

  • エル・オレンス

    3.0

    ネタバレ傑作になかなか恵まれないジョニデ。

    このレビューにはネタバレが含まれています。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
ドンファン

原題
DON JUAN DEMARCO

上映時間

製作国
アメリカ

製作年度

公開日
-