ここから本文です

映画に愛をこめて アメリカの夜 (1973)

LA NUIT AMERICAINE/DAY FOR NIGHT

監督
フランソワ・トリュフォー
  • みたいムービー 85
  • みたログ 488

4.17 / 評価:142件

愛すべき甘ったれ小僧

  • Illmatic さん
  • 2008年4月27日 21時47分
  • 閲覧数 150
  • 役立ち度 10
    • 総合評価
    • ★★★★★

トリュフォー作品は何本か観たけど、
ようやく傑作と出会えた。

冒頭の壮大なワンシーンワンカットにまず圧倒される。
「黒い罠」へのオマージュだろう。
ちょっと多過ぎる?ほどのフランス的トラブルに見舞われながら、
映画完成への道を突き進む、監督、役者、裏方たち。
揺るぎない映画愛が心地イイ。

トリュフォーの分身ジャン=ピエール・レオが、
愛すべき甘ったれ小僧を好演。
なんとも情けない姿が楽しい。
ジャクリーン・ビセットの繊細な美しさは、
ノイローゼのハリウッド女優役はピッタリ。
化粧係のキュートなオディール、
キャリアウーマン的なスクリプターのジョエル、
愉快な小道具係のベルナールと
裏方陣も最高。
見終わった頃には不思議とみんなに愛着が。
ジョルジュ・ドルリューの音楽も◎。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ