ここから本文です

映画に愛をこめて アメリカの夜 (1973)

LA NUIT AMERICAINE/DAY FOR NIGHT

監督
フランソワ・トリュフォー
  • みたいムービー 86
  • みたログ 488

4.12 / 評価:145件

トリュフォーは難解と誤解していました。

1本も観たことがないのに、いつのまにそんな思い込みが生まれたのだろう。フランス映画ってなんとなく小難しいイメージがあって。けれどこの映画は、上質なコメディとして、わかりやすく楽しませてくれる。

映画好きを自認する人は、映画が題材の映画が大好きだと思う。「ニュー・シネマ・パラダイス」を筆頭に、「カイロの紫のバラ」「キツツキと雨」「カメラを止めるな」等、どれも見ていて幸せな気分になる。

限られた予算と撮影期間の中で、それぞれいろんな事情も抱えながら、映画の完成に向かってキャスト・スタッフが力を合わせて奮闘する姿には、おかしさの中にもひたむきさを感じたし、ベテラン女優が、お別れパーティーで口にした「仲良くなったらお別れ」という言葉には、切なさもあった。映画を愛する人なら、楽しめること間違いなし。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • 楽しい
  • ロマンチック
  • 切ない
  • かわいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ