ここから本文です

映画に愛をこめて アメリカの夜 (1973)

LA NUIT AMERICAINE/DAY FOR NIGHT

監督
フランソワ・トリュフォー
  • みたいムービー 85
  • みたログ 488

4.17 / 評価:142件

あのシーンの出典は?

  • bakeneko さん
  • 2008年10月8日 19時49分
  • 閲覧数 180
  • 役立ち度 4
    • 総合評価
    • ★★★★★

フランソワ・トリュフォーの最も一般受けする作品のひとつであり、映画好きにとっては至玉の名品です(映画を創っている風景を見ているだけで楽しくって!愛おしくって!)
多くのエピソードを狂想曲的に並行しながら、映画への愛情と製作への情熱を軽やかに描いています。トリュフォー一家も勢ぞろいですが、特にヴァレンティナ・コルテーゼの名演技は必見です。
基本が喜劇調ですので、気楽に楽しめる作品となっていますが、マニアックな見方をすれば、結構深みに嵌るところもあります。そして、実際の映画創りの現場も興味深々ですし、ジョルジュ・ドルリューのバロック調の音楽がとても爽やかなことも特筆ものです。

ねたばれ?

トリュフォーの映画を観たことが無く、映画に関する予備知識が無くても12分に楽しめる作品ですが、
予習として、「柔らかい肌」
アントワーヌドワヌルシリーズ(「夜霧の恋人たち」あたりが良いかも)
を観ておくともっと楽しめますよ(あと、多くのエピソードには実際のモデルがあることも、ちょっと頭に入れておくと!)

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • 楽しい
  • ゴージャス
  • ロマンチック
  • パニック
  • 知的
  • かわいい
  • かっこいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ