ここから本文です

映画に愛をこめて アメリカの夜 (1973)

LA NUIT AMERICAINE/DAY FOR NIGHT

監督
フランソワ・トリュフォー
  • みたいムービー 85
  • みたログ 488

4.17 / 評価:142件

トリュフォーが苦手という人にオススメ

  • すかあふえいす さん
  • 2014年4月29日 22時54分
  • 閲覧数 1169
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

この映画は、
フェデリコ・フェリーニの「8 1/2」で挫折した総ての人、
その作品を愛する人、
トリュフォーが苦手という人、
トリュフォーが好きというとにかくありとあらゆる人にオススメする映画だ。

映画の製作現場を主題にした作品で、監督が映画造りで悩むというのはフェリーニの「8 1/2」に共通している。
しかし、フェリーニほどカオスで意味不明で変態地味て(大絶賛)はいない。
どこまでも無邪気で、純粋に映画に熱を注ぐトリュフォーの愛情に溢れている。

映画について悩み、笑い、こだわり続けた男が送る心暖かいコメディ映画。

ティム・バートンの「エド・ウッド」のようなとにかく映画への愛に溢れた良い映画です。

冒頭、地下鉄が人々が地上へと出、一人の男が歩いてくる。しばらくすると、そこに「カットッ!」と声がかかり画面の空気は一変する。
最初は何の映画かと思いきや、なんとなんと映画を撮る過程を追った映画だという事が明かされる。

トリュフォーは自ら役者として映画に出る事はよくあるが、監督そのものに扮するのは今回が初めて。
真剣な顔で声をかけ、苛立ち、俳優たちと楽しく語らいあう。
俳優達も真剣に葛藤する者もいれば、肉体関係に発展したり鬱病になったり浮気したりヒステリーになったり色んな意味で事故が多発してと波乱に次ぐ波乱。
トリュフォーの助手をする女性スタッフまで若い燕とナニをしだ(ry
監督は益々うなされて眠れず、やっと寝れたと思えば幼い頃「市民ケーン」のポスターを宝物のように取って行く姿を第三者の視点から見たり(トリュフォー自信の記憶なら、視点はポスターだけが映る筈)。
そういや「大人は判ってくれない」でも映画のポスター盗んでたな・・・。
撮影をしようとしたら妊娠が発覚して体系が変わっているみたいな話はビックリ。トリュフォーの場合本当に妊娠させそ(ry
車が崖に落ちるシークエンスは妙なこだわりを感じる。

この映画に刻まれた文句も素晴らしい。
“リリアン&ドロシー・ギッシュに捧ぐ”だそうだ。

劇中のジャクリーン・ビセットは、言葉を捧げられた女性たち以上に可憐に、悩ましく振舞う。

どうでもいいけど、イチイチ女の股間に手をまわすな(笑)

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • 楽しい
  • 切ない
  • セクシー
  • かわいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ