レビュー一覧に戻る
エイジ・オブ・イノセンス/汚れなき情事

oce********

4.0

真実味しか感じないデイ=ルイス

1870年代のアメリカ上流社会の貴族たちの話。 ニューランドはすでに若いメイという婚約者がいたが、幼馴染で伯爵夫人のエレナと再会を果たす。 彼女の離婚に手を貸すうちに、ニューランドは不倫の恋へと向かっていく。 不倫ものではあるが、ドロドロしいという感情はなく、美術やセットに衣装などが当時の時代模様に浸らせてくれる。 結構長尺だが、スコセッシなのでしっかりと最後まで見せきること。 そしてダニエル・デイ=ルイスが主演として出ずっぱり。 貴族としての佇まいや、禁断の恋へと向かう苦悩の表現は流石としかいいようがない。 単なる火遊びと決めるのか、淡い思い出として残るのか。 真摯な感情が見て取れる。

閲覧数591