ここから本文です

レディ・ヴァンパイア/淫夢伝説 (1994)

EMBRACE OF THE VAMPIRE

監督
アン・ゴールソウ
  • みたいムービー 2
  • みたログ 7

3.50 / 評価:4件

作品自体は取り立ててどうこうは無い。

  • 晴雨堂ミカエル さん
  • 2007年3月8日 10時35分
  • 閲覧数 955
  • 役立ち度 3
    • 総合評価
    • ★★★★★

 「コマンドー」では可憐な美少女アリッサ=ミラノ氏と学生時代によく聞いたロックグループ「スパンダーバレー」のマーティン・ケンプ氏が共演。
 作品内容は恐怖を煽るものではなく、ビデオパッケージにもあるように作中の意図はオカルトムードでアリッサ=ミラノ氏を艶やかに見せる事である。そういう意味では物語の進展も、渋い大人の魅力が出ているマーティン・ケンプ氏の絡み方も良いと思う。
 アメリカンポルノの大半はセックスを明るく全面に出す。中にはイメージやムードを大事にするものもあるが、あまりに唐突に性描写をむやみに前面に出すばかりだ。この作品は明確なポルノではないが、ジワジワと純情可憐なアリッサが追い詰められ身体を開いていくので、これをポルノにしたら日本人にはウケるかもしれない。

 余談だが、アリッサ=ミラノ氏は「コマンドー」公開から日本では清純美少女として人気アイドル扱いになりCMにも出演していたと思う。それがこの作品から大胆ヌードを披露するようになった。私の世代でマドンナ的女優にはソフィー=マルソー氏やジェニファ=コネリー氏がいるが、彼女たちも成人してからヌードを披露し性描写の多い作品に積極出演するようになった。「アリッサ、お前もか!」という感じだ。アリッサ=ミラノ氏はこの後、自ら露出度の多い作品を制作総指揮主演を務める事になる。本人がやる気ならそれも良いのだが・・・。
 清純キャラから脱皮するために脱ぐのだろうか? 昔は美少女キャラの呪縛に苦しんだジュデイー=ガーランドがいた。「オズの魔法使い」が売れ過ぎて子役しかまわってこなくなり、「女」なのに胸に布を巻き付けて成熟していない少女の振りをしたそうだ。
 脱ぐという行為で少女キャラから卒業するというのは効果的だが、逆にポルノチックなイメージが強烈に焼き付いてセックス絡みの作品しかまわってこなくなる副作用もある。
 前述の「アリッサ、お前もか!」という感情は、女性に清純さを求める身勝手な感情なのか? 脱いだらポルノチックなイメージが焼き付くのは世間の偏見か?
 この晴雨堂ミカエルのページを観たものの中には、文藝大作が有りの場末のエロ映画ありのと引く者がいるかもしれない。私は全てのジャンルを公平に評価したい主義だが、「アリッサ、お前もか!」と思ってしまうのは、まだ修行が足らないのかもしれない。
 この映画は、作品以外のことで考えさせられる。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • ファンタジー
  • ゴージャス
  • ロマンチック
  • 不思議
  • 不気味
  • セクシー
  • かわいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ