ここから本文です

007/ゴールデンアイ (1995)

GOLDENEYE

監督
マーティン・キャンベル
  • みたいムービー 43
  • みたログ 1,993

3.81 / 評価:528件

四代目ボンド、ブロスナン

  • どーもキューブ さん
  • 2012年9月16日 15時27分
  • 閲覧数 1091
  • 役立ち度 6
    • 総合評価
    • ★★★★★

1995年、音楽エリックセラ。主題歌ティナターナー。監督マーティンキャンベル。


イギリスのシンボルとしてロンドンオリンピックでもちょっと出ていたような、
原作イアンフレミングのスパイ小説「007ダブルオーセブン・ゼロゼロセブン」シリーズ

見ていない作品を見てみようシリーズ。ピアスブロスナンボンドは印象薄い模様。

「ダイアナザーデイ」は、星2つ。という戦歴ですが、なかなか高評価の初ボンド御披露目作品。確かゲームも任天堂64で発売されたっけ。

ゴールデンアイという三作めの007決定版「ゴールドフィンガー」を意識したかのゴールド繋がり。

MGMコレクターエディションにてDVD鑑賞となりました。



もうぶっちゃけると冒頭30分ぐらいでもう、いいかなぁという印象。まあ長い長い出来すぎた別物のアクション映画のよう。出来が良い、予算が増えているが、全然007の歴史を新しくしているようで全然面白いようで、私は全然納得しない感じです。

ピアスブロスナンのボンドが軟派なんか、硬派な目つきなんかもやります。

レビュー鑑賞後沢山読んだんですが、私も思ったんです。「006ショーンビーン」の方が
ダンディで男を感じる、感じてる時点で

ピアスブロスナンの印象が薄軽い感じ。がどうもなぁという感じ。

やっぱり、秘密兵器、マニーペニー、マティーニ、ジョークとか色々なぞるんですけど
なんか重厚さにかけるというか、じっくり描写するなんてのはこれぽっちもない。

もう、ハッキリ言うと少し値の張るB級映画に30分くらいで見えまして、イライラしてきました。

ボンドじゃないよなぁ、本作。リスペクトも無い感じで、今風でそれが、だめです。

ボンドガールもピンとこない。

敵役のお股殺し屋は、もう、ギャグです。

笑うしかないでしょ、と同時にかなり冷めましたね。意味がわからないキャラなのに妙にボンドガールよりセクシー!という不均衡。

敵はロシアか?衛星爆弾ゴールデンアイをめぐりますが、久々にみる気が失せました。

あまりにも過去を見ない
気張り過ぎの派手な空回りで、
まあアクション凄いですけど、もうなんか、007じゃなくてもいいんじゃないの?という緊迫薄、ドラマ薄、緊張薄。

この監督があの
「カジノロワイアル」を撮ったとは、思えない出来の良さが返って、腹が立つ結果となりました。いや、普通にみれますよ。けどそこが全然面白くないんです。

音楽は、リュックベッソン組のエリックセラでテーマ曲もあんまりリスペクト無しな感じもあります。

ジュディデンチが出て演技が締まるのに。ゴールデンアイというか、灰色の目つきになりました。今一つ足りない感じ

CGもセットデザインも安い安い感じ
敵もなんだかマネケだし
あの女だし張り合いないなぁ。後半のドンデン返しも、私は冒頭で察知できます。

最初からそんなにね、ドンとショック与えてもね、あとで、、という展開。

私が気になったのは
パソコン男のアランカミング。どっかで見たことあんなぁと思ったら

アッパーユルユル友達コメディ「ロミーとミッシェルの場合」の彼氏役の方だったんすねー、懐かしいと思ったぐらい。

ブロスナン新生007新しいというか、やっぱりどこか、薄い印象の中途半端キャラなぞりのジェームズボンドに見えました。

さて007のゴールデンアイ

とは?いったい!

四代目ボンド、ブロスナン新生007をどうぞ。



追伸
ていうか007って本当に面白いですよね。監督、演者、キャラクターが変化するなか
こんなに長きにわたり愛される娯楽はないですね。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ