ここから本文です

暇つぶしにちょうど良い

  • ポルティ さん
  • 2018年6月22日 20時31分
  • 閲覧数 1183
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

4話からなるオムニバスだが、出来はまさに玉石混合。ロバート・ロドリゲスの3話目が傑出して面白く(とはいえ、あくまでこの4話の中だけではというレベルで)、最後のタランティーノ監督作は「いかにも」な内容で及第点。あとの2話はつまらないし、別になくても同じといった印象。結局、一番良いのは洒落たオープニングシークエンスと一度聴いたら耳から離れないテーマ曲(名曲!)だったりする。
嬉々としてベルボーイを演じるティム・ロスがコメディアンぶりを発揮していて、この路線でも十分魅せてくれる。
レビューは総合評価としてのもの。まあ、暇つぶしにちょうどよい程度以上のものではないだろう。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ