ここから本文です

南京の基督(キリスト) (1995)

南京的基督/THE CHRIST OF NANJING

監督
トニー・オウ
  • みたいムービー 28
  • みたログ 130

3.48 / 評価:27件

切なくて、悲しい。

  • nikonikochuu66 さん
  • 2011年9月24日 17時34分
  • 閲覧数 2442
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

何度観ても切なく、心動かされる映画の一つです。
人を慕う気持ち、一途なまでの金花の愛が、みごとに演じきられています。
お互いを想い余るあまりに、共に非情な結末がまっている・・。

「日本へゆく」、といって2人が線路をつたい歩くシーンは
思わず涙がこぼれました。

富田靖子の演技力には、思わず脱帽です。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ