クルーレス

CLUELESS

98
クルーレス
3.4

/ 133

17%
26%
41%
12%
5%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(26件)


  • ocy********

    4.0

    気軽に見れる

    おバカな高校生のドタバタかと思いきや、中々楽しくて気持ちの良い映画だった。 女の子たちが可愛くておしゃれで、男の子たちは流行の腰パンがダサくて笑える。 クルーレスとはダサいという意味だそうだが、辞書には世間知らずとあった。主人公はダサい子をおしゃれに変身させるが、彼女自身が世間知らずのおバカ。だけど段々と成長を見せる。クラスの子たちや先生たちも成長し進化していく。互いをバカにしたり貶したり、失礼な事もするけど、心の底は優しくて愛がある。多様性!と声高に主張する今より、ずっと自然体で多様性を認めてる感じが良い。 この映画を作った人たちは登場人物の誰も否定することなく愛情をもって描いてるなと思ったら、ジェイン・オースティンのエマの翻案だそうで、お気楽バカ映画に見えて中々深いのはそのせいかと思った。

  • nisan

    1.0

    何を見せられたのか

    時間の無駄だった、ペラペラにも程がある!

  • hir********

    1.0

    こりゃひどい

    金持ちで バカで ネジが外れてて 人をバカにして 人を思い通りにコントロールしようとする これなにを伝えたいの? これ1200万ドルかけて作ったの。。すごいねぇ それを募金した方が世の中のためでは

  • NUG

    1.0

    クルーレスというより

    スルーです。

  • sat********

    1.0

    超ウザくてド下手なキンキン吹き替え萎える...

    深夜地上波でやってたので、スクールカースト最上位の、美人で金持ち女子高生が、恋愛にファッションに友情など、安っぽく盛り上がる中高生女子向け作品と予想して、暇つぶしに録画視聴 しかし主人公の吹き替えが、いかにも近々萌え声のバカっぽい声優で開始早々ウンザリする 確かにそう言うキャラだけど、あまりにも取ってつけたようなモロ「そう言うキャラの声です!」って感じで、何の魅力もなくウザさだけが全面出る喋り方と声なので、見続けるのが苦痛になった 同じキンキン萌え系の馬鹿っぽいキャラでも、もう少し他にいただろう... ストーリーもただ喋ってるだけで中身ゼロだし、これ見て4以上つけれる奴、怖すぎだよ...

  • Taku

    4.0

    顔がおしゃれ

    地方都市で生まれ育った人間として、 一度は都会のティーンエイジャーに憧れる。 ませた服着ておしゃれな恋愛をしてみたかったなあ〜と、じゃがいもばりに芋くさかった学生の頃の記憶が呼び起こされた。 リッチで破天荒なパリピ高校生の映画、設定だけ見るとゴシップガールの原点のような感じ。ただし、もっとライトでお気楽に観られる映画。 ファッションは今と時代が違うが趣深くて良い。時代は巡るから、またいつかこの映画のような服が流行るのだろう。あとはとにかく主演、アリシア・シルヴァーストーンが可愛い。もう、シンプルに顔面が可愛い。この顔だけでこの映画を観る価値がある。 キラキラした世界に憧れた、10代の頃に思いを馳せたいとき、心が荒んだときに観るといいかもしれない。そのときはぜひ、オリジナルの音声で観てほしい。吹替えは……観ればわかります。これがほんとのクルーレス。

  • ひかり

    3.0

    ネタバレそこまで面白くはないけど見ても良い

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • ぼちぼち

    3.0

    ハイスクール 上層階

    学園もの色々観ましたが、だんだんお腹がいっぱいになってきました。 金持ち1人娘設定も。 色々詰め込まれていて面白かったけど、吹替えの声が合ってないかな。 ビバヒルのディランみたいな子が出てきたときには、ちょっとがっかり。でもそのあとの展開は良かった。 観る順番が違ったらもう少し評価は良かったかもしれません。 ブリタニーはビバヒルのアンドレアみたいで、あんまり可愛くなかったです。 アップタウンガールズのあのフワフワしたかわいさが好きかも。 主人公も可愛いけど、だんだんビバヒルのドナに見えてきました。 なんだ? ビバヒルか?!

  • 一人旅

    4.0

    オースティンの「エマ」を下敷きに

    エイミー・ヘッカリング監督作。 ロサンゼルスを舞台に、自分本位な女子高生の奮闘と成長を描いた青春コメディ。 イギリスの女流作家:ジェーン・オースティンの代表作「エマ」を、『初体験/リッジモント・ハイ』(82)のエイミー・ヘッカリング監督が現代風に翻案した90年代青春コメディの佳作で、主演を務めたアリシア・シルヴァーストーンは本作をきっかけにブレイクを果たしています。 ビバリーヒルズに住むリッチな女子高生:シェールを主人公にして、自分本位な考えで他人を偉そうに評価してきた主人公が、学校生活でのさまざまな体験を通じてそれまでの自己を見つめ直し、自他共に認める“素敵な女性”に変身していくまでを描いたガールズムービーとなっています。 オースティンの古典的原作小説を現代の学園青春モノに当て嵌めてしまう手腕がお見事な作品で、原作の根幹的プロットは踏襲しつつも、ファッションにショッピングにパーティーに、恋に友情に悩みに…と90年代今どきティーンネイジャーの煌びやかなライフスタイルに不可欠なエッセンスをポップに散りばめた青春コメディに仕上がっています。 主演のアリシア・シルヴァーストーン(撮影時19歳)の圧倒的な美貌&プロポーションに終始うっとりさせられますし、近年では『アントマン』(15)でお馴染みのポール・ラッドがヒロインの義兄役で出演している点も見逃せない映画となっています。

  • npg********

    3.0

    正直つまんないけど、

    ブリタニーマーフィー見たかったので。 あんまりドロドロしたアメリカ青春ドラマじゃなかったので、 いまいち面白くなかった笑 でも、AS IF!!!にはまりました。

  • lee********

    5.0

    ☆☆☆☆☆

    この作品でジェーンオースティンの「エマ」を知った ブレッキンメイヤー ジェレミーシスト ブリタニーマーフィ ポールラッド など 今じゃ有名ですね

  • lad********

    3.0

    王道ポップコーンムービー

    とにかくカワイイ。衣装が可愛い。 リッチな豪邸に住んでて、キュートなお部屋持ってて、クローゼットは自動回転! 女の子の憧れを形にしてくれてる! ヒロインはとにかくバカだ。ファッションと恋愛の事しか頭になくて、白馬の王子様を夢見てる女の子。 それでも彼女なりに色々頑張ってて、10代だから許せる、10代だからカワイイ、10代サイコー! サントラはノリのいいThat's American pops! ティーンのハートを掴まないワケない映画。 話なんてね、どうでもいいのよ。 素敵な彼氏を探して奮闘しているバカっぽい女の子が本当の恋を見つけるの。 本当の恋ったって10年もしたら「私もあの頃は若くて愚かだったわー。でも、そうね、輝いてたわ」と思い返して別の人の為にウェディングドレス着てたりしちゃうような恋なんだけど、全然それでもいいの。若いから。 ちょっとぽっちゃりしたブリタニー・マーフィーが懐かしすぎる。 アリシア・シルヴァーストーンの愛らしさを倍増させているカワイイ衣装たちは、モナ・メイが担当。 あんまり知らないけど、後に2007年『魔法にかけられて』の衣装デザインも担当。あーなんとなく分かるわ~。あの大きく膨らんだ袖やスカート。ローティーンの夢のドレスね。

  • くみち

    5.0

    アリシア・シルヴァーストーン時代

    エアロスミスのPVで人気が出たのか、この映画が先なのか知らないけど、主役のアリシア・シルヴァーストーン、私が中学生の頃めっちゃ人気があったのを覚えてる。頭は悪いが性格もルックスも可愛い、この役は彼女にぴったりだったと思う!今40代と思うけどあまり変わってなくて、トークショーで若さと美しさの秘訣をきかれて、お肉を食べないことだって言ってたなー。 何度でも気軽に観れる、楽しくて軽い映画。 若い頃のポール・ラッドはかなり可愛い。

  • com********

    3.0

    オシャレ&ハッピー

    オシャレ&ハッピー この言葉に尽きる映画ですね。 アメリカの学園物といえば、スクールカーストやいじめがつきものですが、 この映画はそんなの皆無! 主人公シェールは恐らくカースト上位なんでしょうが、 ダサいのが嫌いだからみんなオシャレ&ハッピーにしちゃうぞ! っていう考えの持ち主なので、とにかく平和です。 ミーン・ガールズのような話を期待してた私には物足りない(笑) ストーリーもとにかく単純なので、 スクールカーストを期待してなくても物足りない感じはすると思います。 みんな幸せになれ!→あれ?なんで私がこんな目に? →でもなんだかんだ私もハッピーになれたよ!チャンチャン。 この映画の見どころはずばりファッション。 20年前の映画と思えないくらいオシャレです。 今の時代にもぜひ取り入れたいくらい。 あとはとにかくアリシア・シルヴァーストーンが可愛い。 ハッピーな映画を見たいときにちょうどいい映画だと思います。 (100分弱と短めですしね。)

  • ayu********

    3.0

    ふつうに

    わかりやすいオチだけど シェールが可愛いし まぁ悪くないかな

  • gag********

    3.0

    垢抜ける前のブリタニー・マーフィ

    「しゃべくり007」という番組にクロエ・グレース・モレッツが「キャリー」の番宣でこないだ出演していた際にくりーむしちゅーの上田がクロエ・モレッツに”オススメの映画はありますか?”聞いたら「クルーレス」と答えていて、それ以降少し気になっていた作品。 ふと思い出したので観てみることに。 ブリタニー・マーフィの初登場シーンは服装はダサく、ヘアースタイルとポッチャリ体型が相俟ってか、ちょっと老けて見えました。 その後少し垢抜けていくがそれ程可愛くも見えなかったなあ。 アリシア・シルヴァーストーンは可愛くて役柄も魅力的でした。 青春学園物ってイジメのシーンなんかが付き物のイメージがあるけれど、それらがないのも嫌な感情が出ることなくファッションや成長物語などを気軽に楽しく見れました。 (まあ、あればあるでストーリーに抑揚がつきよかったりもするのだろうけど、それらの展開に見飽きていた為、ないのが逆に今回は良かった) まずまず楽しめました。 ジェレミー・シストはこの頃は痩せていて結構ハンサムだったんだなあ。

  • Peony

    4.0

    ネタバレCLUELESS=無知な (辞書より)

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • aka********

    5.0

    ネタバレ近所のビデオ屋にないぞ、困ったな。

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • run********

    5.0

    アリシアのへの字の口が可愛いっ!

    今から、10年以上前に観ました。私の中では、学園物といえばこの『クルーレス』か『エンパイア・レコード』でしょー。って映画です 笑。 クルーレスは、アリシア・シルヴァーストーン。エンパイアは、リブ・タイラー。 めっちゃ可愛かったよねーーー♪ ストーリーは、リッチな高校生の恋と友情と生き方が描かれています。ストーリーうんぬんよりも、アリシアが可愛くて・・・。で、生意気なアリシア演じるシェールが案外いい子なんだぁ。 アリシアをスターダムに押しやった 作られるべくして作られた映画でしたー☆ 気分の上がる、楽しい映画です。音楽もいいよっ!

  • mit********

    3.0

    10年ひと昔

    ケーブルTVで見ました。結構最近の映画だと思ってたら、もう11年も前だったのですね。 携帯デカっ!!字幕の言葉チョイスが古っ!!という感じで、時代を感じます。 小道具として、ポケベルなんかも出てきたりして、あの頃はまだまだ携帯電話がセレブな持ち物だったんですね(遠い目…)。 内容的には、よくあるアメリカのティーンエイジャー物で、複数の登場人物と、その人物に絡む可愛くて、ちょっとクスッと笑えるエピソードの積み重ね。安心して何も考えずボーっと見ていられます。 疲れているときの暇潰しにちょうど良いです。 ただ、女優さんに対して、男性陣に魅力的な俳優さんが見つけられなかった。この手の映画って、たいてい一人くらい気になる男優さんが見つかるものなのですが…。 それにしても、こうゆう、良い意味で能天気なラブコメ?って、日本映画だととたんに陳腐になってしまうのはなぜだろう?

1 ページ/2 ページ中