ここから本文です

エクスタミネーター (1980)

THE EXTERMINATOR

監督
ジェームズ・グリッケンハウス
  • みたいムービー 6
  • みたログ 120

3.22 / 評価:55件

善悪も何もなく撃つ

  • konoyoiti さん
  • 2018年8月2日 18時00分
  • 閲覧数 194
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

ベトナム帰還兵を題材にしたバイオレンスアクション。

ベトナム帰りのジョンは仕事中に町の不良に絡まれる。
そこへ同じくベトナムで苦楽をともにしたマイケルが助けに入り不良達を撃退。
その場は難を逃れるモノの、この一件で不良に因縁をつけられてしまい、マイケルは不意打ちを食らって植物人間に。
ジョンは責任を感じ仇を討つべく不良達を追い詰める。
そこからさらにマイケルの家族のために金を手に入れようと、食肉会社の社長を誘拐。
社長を挽肉マシンの上に宙づりにして金のありかをはかせる。
が、社長の言った場所に金はなく、代わりに凶暴な犬がいた。
ジョンはためらいなく社長を挽肉マシーンに投入する。
そこからジョンの内に秘められた何かが徐々に顔を現し、野放しになっている悪党を見つけては処刑する処刑人へと変化してゆく。
やがて警察やCIAが動き始め、ジョンは追い詰められてゆく。
ジョンの運命やいかに。

ベトナム帰還兵の虚無心と本国での冷たい扱いを描いた、まあよくあるタイプの話ではあるが、よくできてる。
最初は仲間のための凶行だったわけだが、やがて内に秘められた何かに火が付いてどんどん行動がエスカレートしていくのが面白いところ。
結局マイケルを助けるどころか、人生の始末を買って出るところが非常にドライでかっこ良く感じた。
ジョンを追っていた警察官も、政府の追っ手に狙撃されてしまうが、この展開も、帰還兵は消耗品扱いだというテーマを貫いており良かったと思う。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ