ここから本文です

ハード・ブラッド (1992)

THE MASTER/黄飛鴻'92之龍行天下/龍行天下

監督
ツイ・ハーク
  • みたいムービー 3
  • みたログ 49

2.60 / 評価:10件

太陽のあるところ中国人あり

  • michibushi さん
  • 2010年8月28日 12時47分
  • 閲覧数 412
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

20代ジェット・リーの作品……だそうですが。
髪型といい背広の似合わなさといい、まるで高校生(笑)。
作品そのものは、とにかくストーリーがグダグダすぎて困りました。登場人物の相互関係や話の展開がよくわからないところだらけ。少しはつじつま合わせようという努力しろよ~。わたしでももうちょっとマシな脚本書けるぞ。


ま、もちろん、ジェット・リーのアクションはすばらしいですが。華麗なんだけど(そして例のごとく無駄にかっこよくポーズ決めてる部分も多いけどw)、実戦に応用できそうな動きもけっこうあって、思わず真剣に見ちゃいました。
あ、いや、別に誰かにケンカ売ろうってんじゃなくて、あくまでいざというときの護身用(爆)。


実は、エンディングの歌「潮起潮落」をジャッキーが歌ってるという情報があったので借りたんだけど、劇中とエンディングで流れたのは全然別の歌……
あれ? もしかしたらと思って音声を広東語から北京語に切り替えたらこっちはジャッキーの歌でした。まぁ香港映画ではよくある話だな(笑)。


それにしても、今時シロートの監督だってこんな雑な映画の作り方しないでしょう。スタッフの手や撮影機材が映り込んじゃってるのにはびっくり。ここまで豪快にやっちゃってくれては笑うしかありませんが。


後は、英語全然ダメなのにアメリカで薬屋やってるジェットの師匠とか、最初にジェットにちょっかいかけてくるメキシコ人のチンピラグループとか、多少英語はできるものの香港から出てきたばかりで右も左もわからず途方にくれるジェットが、やっと同じ中国人に出会ったと安堵もつかの間、全然言葉が通じなくて困る北京語しか話せないタクシー運転手とか、中国人の警官とか、アメリカ社会の中で生活している移民たちが描かれてたところがちょっとだけ面白かった。


「太陽のあるところ中国人あり」というのは劇中でジェットの師匠が語るセリフですが、中国人のしたたかさとバイタリティがそのまま出てるような気がします。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ