レビュー一覧に戻る
セブン

セブン

SEVEN/SE7EN

126

okk********

1.0

ネタバレこの映画から得たこと

それは衝撃のラストという評判や、レビューの評価の高さに踊らされてはいけないこと。 何一つ面白くなかった。本当に何一つ得るものがなかった。 セリフも、「この町が嫌い」、「日常の無関心ガー」、「マスかいてりゃウンヌン」 絶望的に面白さがなかった。中学生が考えた? 犠牲者が出てくるシーンは尽く地味。これといって人間関係も示されることなくかつほとんど何の説明もない人間が死んだところでこちらはどうとも思わない。加えてそれぞれの大罪の内容が恐ろしくどうでもいい。必然性がない。 グロさも中途半端。 図書館の利用履歴から犯人を特定する流れも違和感。あんだけ熱心に語るような犯人が、資料を街の図書館なんかで借りるかね? 殺人に当てはめて実行するくらいに拘るのなら、自分で買って集めてそうなものだけど。 犯人を追いかけるシーンも派手さがなく無駄に長い。 犯人はどうして奥さんの居場所がわかったの? というか犯人を記者で出してきた意味は? ブラピを尾行して奥さんのいる家を突き止めるため? 奥さんの登場シーンも雑。全く話の根幹に関係ない赤ん坊の悩みとか、それ絶対フラグやんて分かるに決まってる。 何でブラピに直接相談しないのかも謎。DVでも受けてた?そんな描写あった? 奥さんと赤ん坊は只々犯人に殺されるためだけのストーリーのための要員にしか見えず、そういう登場人物に対する雑な扱い方も鼻についた。 あからさまにブラピが怒っててオチが読みやすい。 直接首を見てないのによくあんなに怒れるもんだ。こいつの方が頭おかしい。逮捕されたところでそりゃそうだろうとしか思えない。 というか憤怒のブラピは死なないんかい。車内でずいぶん大層に語ってくれてた犯人さん中途半端すぎない? 自分が死ねれば良かったのかな? ずいぶん雑な感性でしたね、全く理解できませんでした。 登場人物が少ない割に各人物の掘り下げが薄くて、淡々と流れていく展開に没入感を覚えることができない。 「これで終わりなわけがないだろう。だって衝撃のラストなんだから」とエンドロールの最後まで見させられたのが辛かった。 ひたすら時間が奪われただけで胸糞。これより退屈な作品があるとは思えないレベル。 とりあえずゲド戦記見てイライラを収めてくる。

閲覧数2,504