レビュー一覧に戻る
セブン

セブン

SEVEN/SE7EN

126

成龍

4.0

ネタバレ名作と言って間違いない

自分的にサイコスリラーと言えばsevenは外せないなぁ。 始まりから終わりまで隙がないし、ボディーブローのようにズシッとくる作品。 出演者の演技も間違いないけど、この映画は監督の手腕やアイデアがとにかく光ってると思う。 冒頭から映画のほとんどのシーンで降ってる雨の演出や、オープニングロールとエンディングロールのこだわりなど全部が良かった。 七つの大罪をモチーフにしてる脚本もまさにサイコスリラーにうってつけだし、神秘的な動機とかっていうのも名作には欠かせない設定だと思うんですよね。 ベタな事を言うと、やっぱり最大の見せ場のブラピが犯人に拳銃を向けて葛藤するシーンは、ハリウッド映画史に残る名シーンだと思います。 ブラピの気持ちになって考えたときに、絶対あんな感じになるよなぁ~って誰しもが納得の演技でしょ:-) そしてなんと言ってもスペイシー先生の気持ち悪さったらもう半端じゃないです( ω-、) 足悪くて謎キャラ演じさせたらスペイシー先生には勝てないなぁ 笑 個人的にブラピは少し頼りないくらいの役とか、小汚ない役柄が合ってるなと思うんですよ( ´,_ゝ`) sevenやカリフォルニア、スナッチみたいな汚ならしいような男臭い感じが俺は好きやからはまり役だったなぁ。 モーガンフリーマンはもう言うことなしの安定感ですね(^-^; 抑えた演技させたら右に出る者はいないんじゃないかと思わせてくれる最高の役者さんですよね! 映画の内容も音楽も演技も演出もハイレベルな作品なので、一年に一度は観たい映画の一本ですよ!

閲覧数1,556