ここから本文です

ザ・インターネット (1995)

THE NET

監督
アーウィン・ウィンクラー
  • みたいムービー 53
  • みたログ 1,924

3.17 / 評価:380件

1995年にしか作れなかった作品

  • ガーディニア🥺 さん
  • 2020年6月7日 5時04分
  • 閲覧数 130
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

この映画が公開されて以来25年ぶりに鑑賞。

今見るとツッコミどころ満載。ネット技術的にも、クライムサスペンスの質的にも。
まーあげたらキリがないが、でも当時はかなり話題になった記憶がある。

なぜならインターネットはまだ話題に上がったばかりの1995年。
インターネット、それって早いの?なんてトンチンカンなことを言う輩もいたくらいだから、そんな時代に、多少映画の質が悪くても、サンドラブロック演じるアンジェラのマウス捌き、コマンド入力に、そのスピードは神に見えたもんだ。
もしも自分にも、ネット犯罪の危機がふりかかったら、このくらいの対処をしなければならないのか?できない!

公開当時、わしら年寄りは、そのくらいの恐怖を感じたものじゃった。

今見ると、緊張感の無いふにゃふにゃなサンドラブロックはサスペンス映画に不向きだし、数々のマヌケなシーンもある。
しかし当時は、インターネットは、なんだかわからないけど凄い!で、それに肝心の映画としての質が見事に覆い隠されてしまった感じもあった、当時は。

なので、25年ぶりの感想はもはや、懐かしい以外にはない。
でもアンジェラの、誰とも会わず引きこもりで会話はネットのみ、仕事もテレワーク、食べ物もネットで注文、は、これって今ですよね。
少なくとも1995年の時点でこれを実践していた人はいないに等しかったが、後に一般的になることを見事に捉えている。
フロッピー程度のキロバイトデータがネットで転送出来なかったころに!

それまでにもオンラインコンピュータサスペンス映画はあるにはあった。ウォーゲームとか。
でもウォーゲームは、一部のマニアにしか用はない草の根時代のSFだった。
一般的なものとは隔たりがあった映画だ。

この映画はずばり、インターネット。
今や誰もが使っている汎用的なブラウザ、GUIアプリ、IPアドレス。
これら一般的になるツールを使った最初の作品でもある。アンジェラのような被害者に誰もがなりうるインフラが今も整っている。だから使ってるPCは古くても題材は古くならない。そこはすごい!

インターネットはこの1995年のインターネットビッグバン以来、人類の生活を支えていって今も広がり続けている。

この映画はその最初になった記念碑的作品である。
映画の質的には星2だが、あの頃の思い出にプラス1、マークアイシャムのペンによる懐かしいニューエイジなBGMにプラス1だ。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • パニック
  • 恐怖
  • 勇敢
  • 絶望的
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ