ここから本文です

愛は静けさの中に (1986)

CHILDREN OF A LESSER GOD

監督
ランダ・ヘインズ
  • みたいムービー 31
  • みたログ 377

4.01 / 評価:79件

音の世界と沈黙の世界

  • 一人旅 さん
  • 2015年7月5日 18時00分
  • 役立ち度 4
    • 総合評価
    • ★★★★★

第37回ベルリン国際映画祭銀熊賞。
ランダ・ヘインズ監督作。

聾唖学校に赴任してきた教師ジェームズと聾唖の女性サラの愛を描いたドラマ。
健常者ジェームズの世界と聾唖者サラの世界の隔たりをひしひしと感じさせる演出が印象的だ。趣味のクラシック鑑賞を一人楽しんでいたはずのジェームズがふと呟く「君が楽しめないものは僕も楽しめない」のセリフや、プールに飛び込んで水の中の沈黙の世界を一人彷徨い、サラの世界を少しでも感じることができるよう願うジェームズの姿。ジェームズとサラがそれぞれ生きてきた音の世界と沈黙の世界はまるで異なっていて、愛だけで二人を結びつけることが難しい。かといって、一方の世界に二人とも納まることなど不可能だ。サラは自身が閉じ籠る沈黙の世界の殻を打ち破る勇気が必要だし、ジェームズはサラが新たな一歩を踏み出せるよう理解し、支え続ける覚悟が求められる。音の世界と沈黙の世界、そのどちらか一方に合わせるのではなく、お互いが相手の世界に歩み寄ることが愛を持続させるための唯一の糸口なのだ。

サラを演じたマーリー・マトリンは実際の聾唖者。本作が映画デビュー作だが、アカデミー賞主演女優賞を見事獲得している。セリフが無いため感情の表現も難しいはずだが、サラが抱えるその場その時の激しい感情が不思議と手に取るように伝わってくるのだ。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • ロマンチック
  • セクシー
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ