ここから本文です

推手 (1991)

推手/PUSHING HANDS

監督
アン・リー
  • みたいムービー 22
  • みたログ 127

3.94 / 評価:48件

引くということ

  • オーウェン さん
  • 2015年11月22日 22時20分
  • 閲覧数 791
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

人間の機微ということでいけば、やはりアン・リーの演出はこの監督デビュー作から際立っている。

舞台はアメリカだが、4人家族の妻はアメリカ人。
そして祖父は台湾人であり、尚且つ太極拳の使い手でもある。

この家庭内のギャップこそ描きたいものであり、妻と祖父は互いの言語をしゃべれないという居心地の悪さ。
これを会話や仕草だけで見せていくのだから退屈になりそうなものだが、そこはアン・リーの演出力。

朱老人の決断にはある種の荘厳さも見えるが、単なる不幸話にならないのは有り難い。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ