ここから本文です

ブロークン・アロー (1996)

BROKEN ARROW

監督
ジョン・ウー
  • みたいムービー 36
  • みたログ 1,925

3.35 / 評価:426件

あぁ、そう言えばジョン・ウーでした…

  • sou******** さん
  • 2017年11月2日 23時51分
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

観る前に、ジョン・ウーの作品か!と思いつつ鑑賞スタート。で、どーもなぁ…と、可もなく不可もなく展開。エンドロールで、あぁ、ジョン・ウーやった!と思い出す。確かに、列車上のアクションに、これは良いアイディア!と唸る場面もあった。だけど…なんか物足りない…。原因はジョン・トラボルタ。彼はハンサムさんらしいのだが、僕にはわからないハンサムさん。そんな彼が悪役でニヤケ面するのだが、しっくりこないのよね。イカレ野郎設定らしいけれども、笑い方にサイコ感無し。イカレっぷりが表情に出ていないので、中途半端な反逆した兵士でしかない。こんな役柄だったら、サイコか、極端な思想の持ち主か、金の亡者か、キャラ設定をわかりやすくして欲しかったね。なんとなく、ラストで実はイイ奴でしたで終わりそうで…、実に中途半端。彼の最後のシーンなんかは、ウーがトラボルタに遠慮してるのでは?と思わせる出来。

とは言え、脚本はまあまあ面白いテーマ。核弾頭盗まれたんですけど!ときたら「さぁ、どうなる⁉︎」となるでしょうよ。

まぁ、俳優、脚本、と良い食材で、見事に普通の料理の完成って感じ?

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • パニック
  • 勇敢
  • 絶望的
  • かわいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ