レビュー一覧に戻る
カジノ

カジノ

CASINO

179

エル・オレンス

4.0

この最強タッグを再び拝める日を願います!

『グッド・フェローズ』(1990)の熱気をもっと味わうのにもってこいの本作! マーティン・スコセッシ×ロバート・デ・ニーロの作品は、なぜこれほど相性抜群なのか・・!?このタッグで外れだった作品は、自分の中で皆無です!観ている中で、お互いの絶大な信頼ぶりがひしひし伝わってくるんですよね! 凄まじい映像パワー!3時間もの長尺ながら、全く飽きさせず、引き離さぬ圧倒たるカメラワーク、演出、そして編集! 存在感半端無いデ・ニーロ、キレ味たっぷりのジョー・ペシ、そして妖艶・悪女ぶりを振りまくシャロン・ストーン―・・この3人の演技の掛け合いがもう最高です! ヒモ男のジェームズ・ウッズや、ちょい顔出しのハーベイ・カイテル(笑)といった脇の配役も秀逸。 『グッド・フェローズ』同様、リンチやなぶり殺しといったなど暴力シーンが容赦ないですが、カジノと暴力団の繋がりを通して、残虐で泥臭い裏社会の実情が実に巧く描かれていて感心させられます。 それにしても、引退前に、せめてもう一度だけでも、この最強タッグ(出来ればそこにJ・ペシも!(笑))を拝めることを、強く願います! ====================================== ★1995年ゴールデングローブ賞【ドラマ】 主演女優賞(シャロン・ストーン)受賞

閲覧数634