ここから本文です

アンカーウーマン (1996)

UP CLOSE & PERSONAL

監督
ジョン・アヴネット
  • みたいムービー 52
  • みたログ 849

3.59 / 評価:182件

途中、中だるみがあるが、なかなかの秀作

  • fic******** さん
  • 2013年8月31日 5時01分
  • 閲覧数 2043
  • 役立ち度 4
    • 総合評価
    • ★★★★★

真実の報道や国民の利益より、スポンサーの意向や視聴者が観たいテーマか?
が重視される、昨今のテレビ報道を、良く現わしている映画。

本当の事でも、スポンサーの影響で、言いたい事が言えない事実、
視聴者が喜ぶように、事実を曲げて伝える報道、

原発事故もそうだけど、大スポンサー様の東京電力の顔色を観て
都合のいい事だけ報道しているようでは、事実ってなに?って感じですね

ホント、紛争地で、命を張ってる報道記者も世界中に多いのに、
ネットワークのお偉いさんは、本当にクソ野郎のかたまりだと思う。

刑務所の暴動も、なかなか面白く
そうゆう意味では、良く出来ている映画です。
途中の中だるみが、少し残念。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ