レビュー一覧に戻る
ヘブンズ・プリズナー

ヘブンズ・プリズナー

HEAVEN'S PRISONERS

131

mar********

5.0

隠れた傑作・完成されたハードボイルド

この作品…ほんと認知度が低いですねぇ…やれやれ。 ワタシは大好きなんですが。 えぇっと、まず俳優陣の素晴らしさを語らねば…。 主人公のデイブ・ロビショーを『レッドオクトーバーを追え』のアレックボールドウィン。 奥様役が美しい女優さん、ケリー・リンチ。この人ホント綺麗です。 デイブに寄り添う娼婦に『恋しくて』のメアリー・スチュワート・マスターソン。 そして、憎い仇役がジュリア・ロバーツの実兄エリック・ロバーツ。この人はホント悪役が上手です。 これ、この俳優さん達を観るだけでも価値がありますよ、ホント。 そして、アメリカ映画の中にもいろいろなヒーローがおりますが、わたしはこの映画の主人公【デイブ・ストリーク・ロビショー】がすっごくお気に入りです。 ものがたりの方は…デイブは刑事くずれの釣り小屋のオヤジです。 もったいないくらい美人のカミサンとのんびり過ごしておりますが… ある日突然近くの沼に飛行機が墜落してきます。 救助に向かったデイブは幼い少女を救出しますが…この飛行機、実は麻薬組織がからんでいて…デイブは行きがかり上、少女を守りながら事件に巻き込まれていって…。 ってストーリーです。 ワタシはこの映画の舞台となるアメリカ南部のけだるく暑苦しい雰囲気が大好きですね。 そこにしかめっ面のデイブ・ロビショーがよ~く似合ってまよ。 ハードボイルドはこの【しかめっ面】がないとねぇ。 ワタシ、ちょっと最近悲しい出来事が…この映画、大好きなので【LD】で所有して、大切にしているのですが、ごく最近ワンコインDVD(500円)で売ってました…やれやれ。 まだ観ていないアナタ。後悔はしませんから観てくださいね。

閲覧数487