レビュー一覧に戻る
ヘブンズ・プリズナー

ヘブンズ・プリズナー

HEAVEN'S PRISONERS

131

いやよセブン

3.0

自分で蒔いたタネみたいなもの

元刑事のデイヴ(アレック・ボールドウィン)は、妻と二人で魚釣り漁船でのんびりとした生活を送っていた。 ある日、湖上で飛行機の墜落を目撃、救助のため飛び込み少女を助ける。 養女として育てていたが、麻薬取締官が訪ねてきてから、デイヴはこの事件に興味を持ち、周りの人たちが止めるのも気にせず、独自の調査を始める。 徐々に核心に近付くのだが、ある夜、自宅を襲われ、妻を殺されてしまう。 自責の念とともに復讐を誓うデイヴ。 アクションシーンもふんだんに盛り込まれ、お色気もある娯楽作品。

閲覧数514