レビュー一覧に戻る
女人、四十。

女人、四十。

女人、四十。/SUMMER SNOW

101

HAEMI

4.0

恍惚のひと

20年以上昔に有吉佐和子さんの小説で、「恍惚のひと」というのを読みました。確かテレビでも見たような気がします。 設定が似ているので関係あるのかなと思いました。 共働きの夫婦と息子の家族はごく普通の生活を送っていたのですが、姑が亡くなって気難しい舅と同居することになるのですが、それが大変な生活の始まりでした。 見る人の立場によって感想は異なると思うのですが、苦しい老人介護の問題を長男の嫁の立場から正直に表しています。 が、美化してると感じるところもありました。 実の娘には本音をズバズバいわせてますが、やはり嫁に本音を語らせるのはハードルが高いのかきれいごとで終わってるような気がしました。 介護に疲れた家族のニュースが今や毎日のように報じられている時代。こういう事態がくることは充分予想できたと思うのですが、何故日本の政策は進まないのでしょう。 勝手な想像ですが、もしかしてあと30年ほどしたら、日本の人口の半分が要介護になる時代が来るのではないか(もちろん私も)と考えると、福祉の十分でない日本の将来が恐ろしい。

閲覧数396