レビュー一覧に戻る
女人、四十。

女人、四十。

女人、四十。/SUMMER SNOW

101

pkp********

5.0

お年寄りとの付き合い方。

大学の授業にて鑑賞しました。 アルツハイマーに罹った舅と、彼の介護を余儀なくされた嫁のお話。 舞台は香港。主人公メイは明るく家事も仕事もこなすしっかりもの。 そんな彼女の悩みは頑固もので偏屈な舅とソリの合わないこと。 優しい姑に支えられてなんとかやっていたが、ある日姑が他界してしまう。 その日を境に舅はだんだんとおかしな行動をとり始めるのだった… テーマは『介護』。 高齢者の多い日本では身近な問題ですね~(ーー;) テレビでは不況不況と言っとりますが、介護・福祉関係の求人は絶えないそうで、 これからもお年寄りは増えていくはず。 当然私だって年をとるわけですから、『お年寄りとの付き合い方』は いろいろ考えさせられるものがありますね。 さて、映画の内容ですが、介護がテーマというとなんだか重い 印象ですが、そんなこともなく意外と見やすい作品でした。 主人公のかなりはっきりした性格と、舅とのやりとりを 軽快に描いているところがそうさせるのかなーと思いました。 アルツハイマーになった舅と嫁の関係を軸に、夫婦関係、親子関係が 少しずつ変わっていく様子も丁寧に描かれていて好印象。 ソリの合わない舅の世話を、喜んでするお嫁さんなんて めったにいないはず。主人公のメイも最初はイライラするばかり。 でも、だんだんと知らなかった舅の姿が見えてきて、彼女の中で 何かが変わっていく…。 映画なので、若干美化されてるなーと思わないでもないですが、 メイの舅と真正面から向き合う姿に、何かしら感じるものがあると思います。 大学の先生曰く『高齢者との理想のかかわり方』だそうで、 私もそう思いました。 ぜひともいろんな人に見て欲しい作品です。

閲覧数445