ここから本文です

チャタレイ夫人の恋人/オリジナル完全版 (1993)

LADY CHATTERLEY

監督
ケン・ラッセル
  • みたいムービー 9
  • みたログ 33

3.21 / 評価:14件

人物レビュ― ジョエリ―・リチャードソン

  • elsie_frances1997 さん
  • 2017年8月18日 19時49分
  • 閲覧数 738
  • 役立ち度 7
    • 総合評価
    • ★★★★★

(このレビューは2010年1月に人物レビュージョエリー・リチャードソンとして書いたものに少し手を加えたものです)

ジョエリー・リチャードソンは、とても好きな女優さんであり、憧れの女優さんです。

とにかく、気高く美しく・・・
彼女を表現するのに、他の言葉は見つかりません。

彼女を初めて見たのは、20年近く前、この「チャタレイ夫人の恋人」でした。

ダイアナ妃が亡くなって間もない頃だったのですが、この作品のジョエリー・リチャードソンの美しさは、ダイアナ妃をも上回るだろう・・・ と思った記憶があります。

そして役柄上か、気品溢れる美しさの中に、強い情熱を秘めていて・・・

オリジナル完全版は劇場公開版よりもっと素晴らしいので、二枚組DVDも購入して、大切に持っています♪


彼女は、三代に渡る英国の演劇一家に生まれており、王立演劇学校(ロイヤル・アカデミー・オブ・ドラマティック・アート)で演劇を学びました。


お祖父さんがマイケル・レッドグレーヴ、お父さんが映画監督のトニー・リチャードソン、お母さんがヴァネッサ・レッドグレーヴ、叔母さんがリン・レッドグレーヴ、そしてお姉さんが数年前に不慮の事故で亡くなったナターシャ・リチャードソンです。

(その他にも叔母さん等に女優さんがいるのですが、ここでは省略させて頂きます)


彼女の気品溢れる美しさは、その後、メル・ギブソンと共演した「パトリオット」、凛然としたマリー・アントワネットを演じた「マリー・アントワネットの首飾り」等でも如何なく発揮されています。

ただ「パトリオット」に関しては、イギリスを全面的に悪に描いているこの作品に、英国人である彼女がどのような思いで出演したのだろう・・・ という疑問はずっと消えないのですが・・・

一方で、現代女性を演じた「101」は、個人的には彼女の魅力が生かされていない印象を受けました。

高貴な役になればなるほど、その魅力を発揮する女優さんだと感じます。

(大好きな「永遠の夢・ネス湖伝説」の演技は、とても素敵でした。こちらは現代女性ながら、気品ある情熱的な役です)

現在CS各局で、もはや幻の作品となりつつある「チャタレイ夫人の恋人」のオリジナル完全版を随時放映中です。

視聴可能な方は是非、ジョエリー・リチャードソンの美しさ、そして当時の英国貴族のお屋敷や森の美しさを堪能して下さい☆

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 楽しい
  • 悲しい
  • ゴージャス
  • ロマンチック
  • 勇敢
  • 知的
  • 切ない
  • セクシー
  • かわいい
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ