レビュー一覧に戻る
ロイドの初恋

ロイドの初恋

HOT WATER

60

bakeneko

5.0

ネタバレ原題の“Hot water”は“苦境”という意味

新婚のロイドの家に妻の家族が押しかけて来て散々に掻き回す様子で笑われてくれる災難劇で、“初恋”のタイトルはちょっと…と思ったのか―1970年代のリバイバル時には「ロイドの家族サービス」というタイトルで公開されています。 電撃的に結婚したロイドは妻(ジョビナ・ラルストン)と新婚生活を楽しんでいるが、会社からの帰途に沢山の買い物を申し付けられる等、やや尻に敷かれている様子。兼ねてより妻が欲しがっていた新車を49回払いの月賦で購入した日に、妻の母親(ジョセフィン・クローウェル)&無職の兄(チャールズ・スティーブンソン)&悪童の弟(ミッキー・マックバーン)がやって来る。禁酒禁煙に厳格過ぎる母親、でくの坊の兄、破壊魔の弟&犬の訪問でてんやわんやのロイド家は…というお話で、 福引で当たった七面鳥を連れてのバス通勤や、案の定車が破壊される家族ドライブ、クライマックスのロイドの勘違い&幽霊騒動…など、沢山のギャグが盛り込まれています。 沢山の作品でヒロインを務めてきた:ミルドレッド・デイビスと結婚したばかりのロイドが、絶妙なタイミングで出してきた新婚苦労譚で、実際に走っているバスの中でのギャグや自動車の暴走シーンは見事ですよ! ねたばれ? 当時のアメリカの主婦は生きた七面鳥を締めることが出来たのかな?

閲覧数144