恋する予感

AN AWFULLY BIG ADVENTURE

112
恋する予感
4.0

/ 25

48%
4%
48%
0%
0%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(2件)

セクシー16.7%不思議16.7%かわいい16.7%笑える16.7%コミカル16.7%

  • oce********

    3.0

    アラン・リックマンの映画

    当時はヒュー・グラントの人気が絶頂だったので、こういう変てこな邦題がついてしまった。 これだけ見ると明らかにラブコメだが、中身はきちんとしたドラマ。 16歳のステラが聡明な演出家のメレディスの元で働くことに。 しかしその舞台で主役が怪我で交代に。 そこにやってきたのは名優のオハラであり、ステラはオハラに惹かれていくが。 前半はヒュー・グラントのゲイっぷりが見られるが、中盤アラン・リックマンが出てくると彼の映画に取って代わる。 そして一見すると叔父さんと16歳の少女の関係が始まるが、これは終盤起こる悲劇への伏線。 まさかそういう映画だとは思いもしなかった結末。 ほぼ同じオチの映画があるが、これはあくまでもステラから見た視点であり、だからこそ後悔の念にさいなまれるのは1人だけなのだ。

  • kak********

    3.0

    人生の曲がり角で交差する人間模様が切ない

    アラン・リックマンと言えば「ダイ・ハード」のテロリスト役が思い浮かぶ。そしてヒュー・グラントと言えば「フォー・ウェディング」などの優柔不断な男が思い浮かぶのだが、この二人が競演の本作品は日本劇場未公開でもあり内容は想像もつかなかった。1995年公開のイギリス映画。 物語は、一人の女優を夢みる少女を中心に繰り広げられる。劇中劇に関係した場面で、人生の曲がり角という言葉が出てくるが、本作品の主題のようで意味深である。不幸な生い立ちの主人公を待っているのは、夢のある人生だけではなく運命によって導かれる数奇な体験でもある。 その少女を演じたのは当時16歳(20歳と偽って役を得ていたらしい)のジョージナ・ケイツ。「愛のトリートメント」というアメリカ映画にも出演しているが、主な活躍の舞台はTVドラマのようだ。正に等身大の主人公役で、大人の世界へ一歩足を踏み入れた危うさを好演している。 監督は、ヒュー・グラント主演の「フォー・ウェディング」を撮り終えたばかりのマイケル・ニューウェルだけに、息の合ったコンビと言える。しかし見終わると物語の真の主役はアラン・リックマンだと分かってくる。そこは流石の演出で、前半と後半の二つの山場をうまく使い分けている。 物語は意外な結末が待っているのだが謎解きミステリーではない。しかし、人生そのものが予想だに出来ないのだから、運命に導かれた不条理な人生そのものがミステリーかもしれない。どのような生き方をしても、過去の出来事と無縁ではなく一生影響を受けるなら、今この時をおろそかに出来ないと感じさせられた。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
恋する予感

原題
AN AWFULLY BIG ADVENTURE

上映時間

製作国
イギリス

製作年度

公開日
-

ジャンル