ここから本文です

ストレンジャー (1996)

NEVER TALK TO STRANGERS

監督
ピーター・ホール
  • みたいムービー 14
  • みたログ 206

2.75 / 評価:48件

バンデラスのおけつ

  • sheila E さん
  • 2009年2月15日 18時25分
  • 役立ち度 15
    • 総合評価
    • ★★★★★

先にレビューした"アイデンティティー"で
いの一番に殺されてしまったレベッカ・デモーネイが主演。

"アイデンティティー"では落ち目の女優の役で
人を轢いても逃げようとするヤ~な自己中女を演じてました。
個人的にはすぐに殺されたのが残念。

レベッカといえば『ゆりかごを揺らす手』の恐ろしい復讐女。
イっちゃってる演技が、とっても好き♪

本作ではレベッカ 37歳。
絹のようなブロンド、青い目、ほんのりピンクの白い肌。
セクシーでとても魅力的。

照明やら、フォーカスやら彼女を美しく撮るため
かなりの工夫がされてます。
なるほど、レベッカ自らが製作総指揮だったのか‥。

お相手はアントニオ・バンデラス。
最初こそへんてこな三編みに束ねた髪がマイナスポイントでしたが

さすが さすが セクシーダイナマイトです。
フェロモンが毛穴から滲み出てます。

ハード・エロティック・サスペンスとあるけど
それほどハードなエロではなかったな。

レベッカのバストとバンデラスのおけつは
たっぷり出てますけどね。

ベッド・シーンもレベッカの独壇場という感じで
ソフトなエロなので、苦手な人でも何とか観れると思います。
もちろん子どもは無理ですよ。念のため。

多重人格、ストーカー、
おまけにクラリスとレクター博士のような設定もあり
ミステリーとしては面白く結末もなかなかのもの。

失敗はこの作品の86分という尺か。
ちょっと短いかな。

納まりきってないですね。
レクター博士っぽいあの人は結局どうなったのか。

他のレビューでは評価が低いですけど
わたしの好きなジャンルなので何とも惜しいです。
全般的には悪くはなかったと思います。

見所としてはバンデラスのおけつに噛みつくレベッカか。
やはりこの女性、綺麗なだけじゃない‥
ただモンではないです。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 不気味
  • セクシー
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ