ここから本文です

SOS北極.../赤いテント (1970)

LA TENDA ROSSA/KRASNAYA PALATKA/THE RED TENT

監督
ミハイル・カラトーゾフ
  • みたいムービー 11
  • みたログ 34

3.29 / 評価:21件

飛行船救出劇を元にした重厚で沁みる大作。

  • sor***** さん
  • 2019年8月1日 0時09分
  • 閲覧数 150
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

大昔、テレビで途中から観て、どうしても気になりツタヤさんで取り寄せて観てしまった。恥ずかしながらアムンゼンはこうして亡くなったんだと知り、感激。ノビレ将軍にも同情。遭難した人たちが登場し年老いたノビレを裁く設定もこの遭難劇にはなぜか違和感がない。関係する国や冒険家たちが多少の功名心はあるものの命がけで遭難者を救出しようと行動する。現代の映画に比べると進行がゆっくりに感じてしまうが、飛行船にプロペラ機ですから自然です。受け入れます。それにしてもクラウディア・カルディナーレは美しく、音楽も切なくてタマラン。『ワレリアの恋』は昔はしばしば流れていた曲なんだけど・・・。
映画はあまりヒットはしなかったようですが、興行成績などはどうでもよく、探検家あるいは先人の方々に敬意をもち、心に沁みる映画です。
飛行船イタリア号が飛び立ち、見送る人々、CC。切ないシーンでした。ゆっくり進む飛行船、ガンバレーってみんな思っただろね。遭難して悲しいけど、人間性がそのまま表現出来た時代、飛行船もプロペラ機も遭難者たちさえ魅力的に見えて、羨ましかった。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 悲しい
  • スペクタクル
  • 勇敢
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ