ここから本文です

エディ・コイルの友人たち (1973)

THE FRIENDS OF EDDIE COYLE

監督
ピーター・イエーツ
  • みたいムービー 4
  • みたログ 34

4.00 / 評価:22件

果たして友人はいたのだろうか?

  • 一人旅 さん
  • 2015年7月12日 13時28分
  • 閲覧数 673
  • 役立ち度 5
    • 総合評価
    • ★★★★★

TSUTAYA発掘良品よりレンタル。
ピーター・イエーツ監督作。

武器密売人のエディ・コイルと周囲の人間の殺伐とした関係性を描いた犯罪映画。
ロバート・ミッチャム扮するエディは妻と子どもを抱え、家庭では良き夫であり良き父親。だが、エディの生業は銀行強盗を働く一味に武器を提供すること。一度足を踏み入れたらそこから逃れることなど許されない蟻地獄のような裏社会に身を置くエディは、自身の保身と妻子のために窮地を脱する方法を模索する。裏社会が内包する非情な人間関係と腹の探り合いが、人目を忍んだ静かな会話の中に表現されている。裏社会では“信用”という言葉ほど信用できないものはないのだ。エディ自身が紛れもなく罪を犯しながら、自身と家族のためだけに同業の友人(皮肉!)を裏切ろうとし、また、友人もエディを陥れようと企む。自業自得とはいえ、家族以外に信用できる存在が誰もいないという状況の中生きねばならないエディの心は孤独一色だ。
本作は犯罪映画だが、アクションシーンはほとんど無い。裏社会に身を置く一人の初老の男の苦悩・葛藤と静かな幕切れに至るまでの過程を淡々と描いていて、フィルム・ノワール的暗さと哀しさが全面に強調されている。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
  • 絶望的
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ