ここから本文です

上映中

3月のライオン 前編 (2017)

MARCH COMES IN LIKE A LION

監督
大友啓史
  • みたいムービー 566
  • みたログ 1,046

4.20 / 評価:936件

製作サイドの原作愛を感じます

  • all***** さん
  • 2017年3月21日 0時36分
  • 閲覧数 727
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

原作のディープな支持者です。
おおかた実写なんてダメだろうと想像して観に行ったのですが、良い方に裏切られて帰ってきました。
え、ちょっとこれ本人?と聞き返したくなるような配役。
逆にこの人の漫画版があっちなのではと思ってしまう人も!?
これは嬉しいですよね。

そして妥協のない対戦シーン…
どの対局にもそれぞれの魅力があるし、各棋士の個性(これがまた見事に演じられているので!)と相まって本当に素晴らしかった。
駒を打つ音ばかり続く場面も多いのですが、ある人は鬼の形相で、ある人は頻繁に水を飲み、ある人は表情を変えずに腹の内を表現していて…
ダレる間なんてないです。
残酷な勝敗の世界に生きる男たちの生々しいドラマがそこにありました。

難しいのはむしろ女性陣だったのかも。
調和を破壊する香子の役柄はとてもデリケートで、映画の中でも一番難しい役だったのではと思いますが、愛くるしい顔立ちで毒を吐く有村さんは頑張っていたと思います。
映画という表現の都合上、原作の持つほわわんとした空気が減っていたのは仕方のないことでしょう。
でも三姉妹のチームワークのかわいらしさ、お爺ちゃんのほっこりする笑顔はそのままと言っていいのでは…
そしてあの古びたおうち(とニャン!)の素晴らしさ!
ごはんもおせちも美味しそうでしたね…

個人的には佐々木蔵之介さんのまぶたと後頭部のラインにほれぼれしました。
いやはや…島田さんは現実にいるかも知れないから夢を見ようと思わせてくれます。

後編も楽しみです!

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • かっこいい
  • 切ない
  • 泣ける
  • 笑える
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここまでです このページの先頭へ