F/X2 イリュージョンの逆転

F/X2/F/X2: THE DEADLY ART OF ILLUSION

108
F/X2 イリュージョンの逆転
3.2

/ 13

15%
15%
46%
15%
8%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

解説:allcinema(外部リンク)

作品レビュー(1件)

勇敢25.0%不思議25.0%楽しい25.0%知的25.0%

  • jig********

    3.0

    ランボーも驚くイリュージョン

    警察のおとり捜査に特殊効果を使用ってなかなか斬新! な訳ですが、入浴シーンをあらかじめ撮影して スクリーンに照射とか、煙を炊く機械で 湯煙を演出したりとアナログ感がいい感じ。 でも、男性捜査員がわざわざ裸に乳の作り物くっつけてまで 女性に変装する必要があったのだろうか?と 冷静に考えるといらないんじゃね?となってしまいますが、 そうしなきゃ陰謀が始まらないのでしょうがない。 その後主人公は前作に引き続き陰謀に巻き込まれるわけですが、 前作で協力してくれた刑事(ブライアン・デネヒー)が 今作でもご登場。今作では刑事をやめて私立探偵だそうな。 まぁ、前作の終わり方を観てると刑事としてどーなの? というあたりが彼のキャラとしては似合っててよいかなと思います。 まっとうな刑事より私立探偵というのがお似合いなのかもね。 物語後半では主人公を追い詰めたやつらに 得意の特殊効果を利用して逆に追い詰めてやるわけですが これがまた手が混んでいて観ていて楽しいです。 というか個人であそこまでできてしまう彼がすごい。 ある意味ランボー並かもしれません。 どちらかというと相手をだます罠が多いですが。 主人公が考案したと思われる、 自分と同じ動きをするピエロの人形と 暗殺者との乱闘シーンはちょっとした見所かと。 ピエロ役の方ご苦労様です。といった感じです。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
F/X2 イリュージョンの逆転

原題
F/X2/F/X2: THE DEADLY ART OF ILLUSION

上映時間

製作国
アメリカ

製作年度

公開日
-

ジャンル