ここから本文です

エリックの青春 (1975)

ERIC

監督
ジェームズ・ゴールドストーン
  • みたいムービー 11
  • みたログ 19

4.60 / 評価:9件

“サッカー”で思い出す、忘れられた名作

  • bakeneko さん
  • 2010年6月11日 10時36分
  • 閲覧数 576
  • 役立ち度 6
    • 総合評価
    • ★★★★★

白血病のサッカー選手の青春の1ページを、彼をとりまく家族や友人との時間が限られた交流を通して、自然体で描いた心に滲みる佳作であります。

元来がTVムービーの本作は(限られた予算による制約からか)、派手なクライマックスや大きな劇的緊張は皆無ですが、むしろ主人公&肉親&友人達の心理描写を詳細に描く事で“時間が限られた青春”の愛おしさと切なさを純粋に捉える事に成功しています。
多感な主人公をジョン・サヴェージ、父親をクロード・エイキンス、母親をパトリシア・ニールが入魂の演技で見せる他、「スターウオーズ」前夜のマーク・ハミルの幼さの残る顔も見つける事が出来ます。
この時期の“白血病もの”は「ある愛の詩」を始めとして、「クリスマスツリー」、「ジョーイ」、「メリーゴーランド」と名作が多いのですが、本作は実話に基づいた生活描写が緻密に描かれている事が出色で、哀しい感傷以外にもユーモラスなシークエンスの現実味に、はっとさせられる“ウエットに溺れすぎない”理性的な作品でもあります。

地味ながら、“青春の本質と家族の絆”を見せてくれる佳作で、主人公が口ずさむ“そよ風の様なテーマ曲”は一生耳に残る名曲であります。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 悲しい
  • ロマンチック
  • 不思議
  • パニック
  • 不気味
  • 勇敢
  • 知的
  • 絶望的
  • 切ない
  • セクシー
  • かわいい
  • かっこいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ